朝倉経景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
朝倉経景
時代 室町時代中期 - 後期
生誕 永享10年(1438年
死没 延徳3年1月26日1491年3月6日
改名 簾勝(初名)→経景→退耕斎(法名)
別名 通称:与三右衛門尉
官位 下野(受領名)
主君 朝倉孝景氏景
氏族 朝倉氏
父母 父:朝倉家景
兄弟 堀江利真室、孝景経景、輿市郎、
景冬光玖、聖室宗麟、久嶽紹良、定国
景職祖心紹越足羽郡深岳寺住持)
テンプレートを表示

朝倉 経景(あさくら つねかげ)は、室町時代中期から後期にかけての武将朝倉氏の家臣。

略歴[編集]

朝倉氏6代当主・朝倉家景の子として誕生。長禄合戦応仁の乱で兄・孝景を補佐して戦う。応仁2年(1468年)閏10月14日京都に甥の氏景と配下の兵を残し、孝景、光玖景冬の兄弟揃って越前国へ下る。文明3年(1471年)、孝景が東軍に寝返り、越前平定に乗り出すとこれに従う。孝景死後は氏景を補佐し、越前統一を実現する。

軍略上の要衝地安居(福井市)を領し、安居城に拠った。長享3年(1489年)4月以降に入道し「退耕斎」と号した。

延徳3年(1491年)1月26日、死去。享年54。

出典[編集]