朝倉浩之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

朝倉 浩之(あさくら ひろゆき、1973年9月23日 - )は、東京メトロポリタンテレビジョン(TOKYO MX)の報道局報道部長。元日本海テレビジョン放送(NKT)、中国国際放送アナウンサー

人物・来歴[編集]

奈良県奈良市出身。平城東中学校同志社国際高等学校から同志社大学法学部政治学科進学。卒業後、1996年NKT日本海テレビジョン放送にアナウンサーとして入社。入社3年目から『ズームイン!!朝!』を担当。鳥取・島根担当キャスターとして、特にグルメ系レポートが多かった。それと同時にローカル情報番組『Go!5!知っテレビ』でもメイン司会を務め、同社の「柔らか系」アナウンサーとして活躍する。一方で、スポーツ中継にかける情熱は人一倍で、高校野球サッカーバレーボール、バスケットなど幅広いジャンルの実況でアナウンサーとしての幅を広げた。その後、退社し、ディレクターとしてスポーツ番組、ドキュメンタリー制作などに携わる。

2003年から中国の北京語言大学に留学。 2005年8月21日中国国際放送に入局し日本語放送を担当するアナウンサーを務め、スポーツ番組『スポーツ中国』でパーソナリティを担当した。それと同時に、中国スポーツの取材、執筆を行い、フリーライターとしても活動した。また各種ラジオ番組の出演やコラム執筆なども行った。島根県の地方紙山陰中央新報では「朝倉浩之の美好北京」を連載していた。

2009年、中国国際放送を退局して日本に帰国。その後TOKYOMXに入社し報道局で都政キャップ、報道センター担当部長を歴任。2015年7月から現職[1]

エピソード[編集]

  • NKT入社1年目、ニュース日本海プラス1の番組内でNKT前庭からの天気予報でデビューしたが、冒頭でコメントを忘れてしまい、困った表情のアップだけが延々とお茶の間に流れた。この部分が1997年のNNN系列アナのハプニングを集めた「全国美人キャスター対決輝け!全日本ニュース大賞!NG名珍場面&衝撃の瞬間!』で放送された。
  • 日本けん玉協会認定の1級を小学生のときに取得。その腕前を24時間テレビで披露。1億人の大質問!?笑ってコラえての日本列島 テレビ局の旅で「けん玉アナウンサー」として紹介された。
  • 一時、顔が出川哲朗に似ているといわれ、本人もその気になり、番組中に物真似を連発するなどしたが定着せず。その後、特番でホリと競演した際に、「ぜんぜん似ていない」と引導を渡され、その後、封印した。
  • 本人のブログによると、“一生のうちで一番勉強した”留学中に漢語水平考試の8級を取得。現在は10級。
  • 中国在住のライターとして、独自な視点から中国のスポーツ事情をレポートし、日本新聞テレビメディアと異なる論調や内容から、注目を集めた。一部では「中国側の工作員ではないか」「非国民」などと、日本のネット上では批判的に取り上げられることが多かった。
  • 執筆したコラムは中国語にも翻訳され、中国国内の一般紙やスポーツ紙をはじめ、ネット上にも転載された。特に「中国サッカーが末期症状だ」という書き出しから始まるコラムは各メディアでも取り上げられ、凋落傾向にあった中国のサッカー界において、関係者やファンの賛同と批判の嵐が巻き起こり、大きな波紋を呼んだ。
  • 2008年8月8日から始まった北京五輪ではジャーナリストとして取材する一方、ソフトボール会場の外国人ボランティアとして日本メディア対応を担当。その後、北京五輪の会場運営の内幕などをリポートするコラムも発表した。

NKT時代の主な担当番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “東京メトロポリタンテレビジョン株式会社人事のお知らせ” (プレスリリース), 東京メトロポリタンテレビジョン株式会社, (2015年6月17日), http://s.mxtv.jp/company/press/pdf/press2015_200001.pdf 2015年7月6日閲覧。 

外部リンク[編集]