朝倉家景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
朝倉 家景
時代 室町時代中期
生誕 応永9年(1402年
死没 宝徳2年12月20日1451年1月22日
改名 小太郎(幼名)、為景、教景、家景
(順番は不詳)
別名 孫次郎、孫右衛門尉、下野
戒名 固山宗堅
墓所 心月寺
氏族 朝倉氏
父母 父:朝倉教景
兄弟 家景将景織田久長
堀江利真室、孝景経景、輿市郎、景冬
光玖、聖室宗麟、久嶽紹良、定国

朝倉 家景(あさくら いえかげ)は室町時代中期の武将である。朝倉氏第6代当主。

父は朝倉教景は家景のほかに、為景(ためかげ)が伝わる。一時期は父と同じく教景を名乗ったとも言われる。宝徳2年(1451年)、父に先立って死去。享年49。

家景に関する資料は少なく、事績は充分に分かっていない。『朝倉始末記』でも、上記程度のことしか記載されておらず、同書末にある『日下部系図』でも、「文安三年丙子八月六日足羽北庄神明社再興」と記されているのみである。また群書類従所収の日下部系譜では、家景が飛ばされ、教景(心月)→孝景(英林)となっている。

参考文献[編集]

関連項目[編集]