朝倉城 (但馬国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
朝倉城
兵庫県
城郭構造 山城
築城主 朝倉信高
築城年 鎌倉時代
主な城主 朝倉氏
遺構 曲輪、土塁、堀切、櫓台
指定文化財 市指定史跡
位置 北緯35度23分21.3秒
東経134度45分35.7秒
地図
朝倉城の位置(兵庫県内)
朝倉城
朝倉城

朝倉城(あさくらじょう)は、兵庫県養父市八鹿町にあった日本の城。1968年(昭和43年)7月31日付で養父市指定史跡[1]

概要[編集]

標高152メートルの丘陵上にある山城である。

但馬国朝倉は後に戦国大名として越前国を治めた朝倉氏の発祥の地である。平安時代末期に地名を苗字として朝倉氏が興り、朝倉高清を初代とした。朝倉城は鎌倉時代朝倉信高の築城と伝えられている。

曲輪土塁堀切櫓台などが残る[2]

脚注[編集]

  1. ^ 現地解説板より
  2. ^ 「まちの文化財(4)朝倉氏と朝倉城」養父市公式HP

関連項目[編集]