望月慎太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
望月 慎太郎
MOCHIZUKI, Shintaroh
Tennis pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県川崎市
生年月日 (2003-06-02) 2003年6月2日(16歳)
身長 175㎝
体重 64kg
利き手
バックハンド 両手打ち
2019年7月15日現在

望月 慎太郎(もちづき しんたろう、2003年6月2日 - )は、日本の男子テニス選手

人物[編集]

2003年6月2日神奈川県川崎市出身。「慎太郎」という名は、父が小説家政治家石原慎太郎に肖って命名した[1]

3歳でテニスを始め、川崎市立向小学校5年のときに第32回第一生命全国小学生テニス選手権大会に出場して準決勝(ベスト4)まで進出している[2]

12歳の時に盛田テニスファンドの選抜試験に合格し、アメリカ合衆国フロリダ州ニック・ボロテリー・テニスアカデミーにて修行するために渡米した[1]。2019年、角川ドワンゴ学園N高等学校に入学[3]

2019年、6月の2019年全仏オープンテニス少年男子シングルス英語版ではベスト4となった[1]。そして7月の2019年ウインブルドン選手権少年男子シングルス英語版では第8シードから勝ち上がり、決勝へ進出する。オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブの№1コートで開催された決勝戦では、カルロス・ヒメーノ・バレーロ英語版スペイン)を相手にセットカウント2-0(6-3, 6-2)でストレート勝ちし、日本人男子選手として初めてジュニア部門シングルスで優勝した[4][5]。これにより望月慎太郎は日本人男子選手として初めてジュニア世界ランキング1位となった[6][7]。さらに9月下旬に行われたジュニアデビスカップ決勝大会では、単複11試合に出場し全勝を達成。日本チーム(望月、磯村志、末岡大和)を9年ぶり2度目の優勝に導く活躍を見せている。 a.k.a Mocchi

脚注[編集]

外部リンク[編集]