コウ (霊獣)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
望天吼から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

(こう)[1]は、中国に伝わる霊獣あるいは妖怪金毛犼金毛吼(きんもうこう)青毛犼(せいもうこう)[2]とも。

一般的には(いぬ)あるいは獅(しし)のような姿(日本でいうところの唐獅子狛犬)の霊獣として描かれ、人を食べると言われている。の時代に書かれている『偃曝与談』には、形は兔のようで両耳は長く、その尿をあびると血肉は腐れただれるといい、獅子もこれを恐れるとある。

いっぽう、の時代に編まれた『続子不語』では神通力があり口から火を吐くとされており、獅子や象とならんで仏の乗り物である記されている。また僵尸が変じた魃(旱魃)がさらに変じたものであるとも説かれている[3]

犼の登場する作品[編集]

神仏の乗り物であると考えられた点から、その性質をもった犼が描かれることが多い。主に観世音菩薩がこれに乗るとされており、物語に登場する際も観音と関連する存在が乗っていたりする。

西遊記
観音菩薩の乗る金毛犼(金毛吼)が化けた賽太歳として登場している(第71回)。中野美代子は犼(こう)について「犬の一種[4]」と注記している。版本の挿絵などで犼のときのすがたは、唐獅子のようなかたちで描かれており、四本の脚の下には蓮の花を踏まえている。
封神演義
慈航道人の乗り物として金毛犼が登場する。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『康熙字典』「『集韻』許后切,音吼。『玉篇』似犬。『集韻』北方獣名。似犬,食人」
  2. ^ 『鋒剣春秋』第五十九回
  3. ^ 袁枚『続子不語』巻3・犼
  4. ^ 中野美代子 訳 『西遊記』8 岩波書店岩波文庫> 1995年 33頁

関連項目[編集]