服部茂章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

服部茂章(はっとり しげあき、1963年11月3日 - )は、岡山県出身のレーシングドライバー

来歴[編集]

1979年に16歳でカートレースを開始。1990年にFJ1600鈴鹿シリーズでシリーズ4位に入り、ルーキー・オブ・ザ・イヤーを獲得[1]。1994年にシリーズ参戦3年目となったフォーミュラ・トヨタエッソチャレンジメインシリーズで3勝を挙げ、2位の島守広に全10戦中有効8戦でのポイント差を1に迫られながらもチャンピオンに輝き(同年シリーズ5位に余郷敦がいる[2][3])、F3などを経て渡米。インディ・ライツで日本人初のオーバルでの勝利を上げた。 その後CART、2000年からは自らのチームを作ってIRLに参戦。翌年インディ500に参戦し、僅か6/100秒差で予選通過を逃すという悔しい思いをするものの、2002年には決勝進出を果たした。

2004年、ウォルトリップ・レーシング(マシントヨタ・タンドラ)に所属し、11月19日のクラフツマントラックシリーズ最終戦にフォード200よりNASCAR参戦。

2005年、日本人初のNASCARフル参戦を果たす。

2009年、NASCARにおいて服部茂章が監督を務めるチーム発足。日本政府がスポンサーになりボンネットに「YOUKOSOJAPAN」の文字が入る。会場で行われる人気カーランキングでは1位になるも本レースはクラッシュに巻き込まれリタイヤ。

レース戦績[編集]

  • 1988年
    • 全日本カート選手権(シリーズ4位)
  • 1989年
    • 全日本カート選手権(シリーズ3位)
  • 1990年
    • FJ1600鈴鹿シリーズ(#90 R&D F4/90)(シリーズ4位)
  • 1991年
    • FJ1600鈴鹿シリーズ(#68 オスカーSK91BULLET/オスカーSK91)(シリーズ2位)
  • 1992年
    • フォーミュラ・トヨタ(#61 Kyodo Card FT92)(シリーズ2位)
  • 1993年
    • フォーミュラ・トヨタ(#61 KAAZ FT93)(シリーズ3位)
    • 全日本F3選手権(3戦出場 #34 SUNTEC RT36無限/ラルトRT36)
  • 1994年
    • フォーミュラ・トヨタ(#60 KyodoCard★AS・FT)(シリーズチャンピオン)
    • 全日本F3選手権(6戦出場 #30 KyodoCard駿台AS033/TOM'S033F[4]
  • 1995年
    • フォーミュラ・アトランティック(P-1レーシング)(ルーキー・シリーズ4位)
  • 1996年
    • インディ・ライツ(#31 ドリコット・レーシング)(シリーズ13位、ルーキー・シリーズ3位)
  • 1997年
    • インディ・ライツ(#16 ルーカス・プレイス・モータースポーツ)(シリーズ25位)
  • 1998年
    • インディライツ(#16 インディ・リージェンシー)(シリーズ14位)
  • 1999年
    • CARTチャンピオンシップ(エプソン・ベッテンハウゼン・モータースポーツ #16 レイナード・メルセデスベンツ)
  • 2000年
    • IRL(8戦出場 トレッドウエイ・レーシング #55)(最高位 7位)
  • 2001年
    • IRL(ヴァーテックス・カニンガム #55 ダラーラ・オールズモビル)(シリーズ13位)
  • 2002年
    • IRL(Rd.3~ ブラッドリー・モータースポーツ #12 ダラーラ・インフィニティ)
  • 2003年
    • IRL(4レースのみ参戦、シリーズ26位)

人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ オートスポーツ NO.818 2001年4/19号 66頁「2001年版 ニッポン・レーシングドライバー名鑑」より
  2. ^ オートスポーツ 1995年1/1号106頁「ジュニア・フォーミュラ'94」より
  3. ^ オートスポーツ 1995年2/15号112頁「ジュニア・フォーミュラ'94 F4/ワンメイクフォーミュラシリーズ総括」より
  4. ^ オートスポーツ1994年8/1号によると、トムスで前年使用したマシンと調整済みのエンジンなどを含めたレンタルで東京R&Dスポーツのメンテナンスによる参戦であった。
  5. ^ オートスポーツ 1999年5/15号 4頁 インタビュー記事より

関連項目[編集]