服部英次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

服部 英次郎(はっとり えいじろう、1905年1月14日 -1986年7月31日[1])は、日本の哲学研究者。

来歴[編集]

和歌山県生まれ。京都帝国大学文学部哲学科卒。神戸大学教授、名古屋大学教授、奈良女子大学教授、関西大学教授、75年定年、名誉教授。アウグスティヌスから中世のトマス・アクィナスルネサンス期のベーコンなどの思想家を研究、アウグスティヌスの『告白』『神の国』などを多くの原典翻訳をした。

著書[編集]

翻訳[編集]

共編[編集]

  • 『思想の歴史 第3 キリスト教会とイスラム』 平凡社 1965
  • 『岩波講座哲学 第16 哲学の歴史 第1』藤沢令夫共編 岩波書店 1968
  • 『アウグスティヌス告白』藤本雄三共著 1980 有斐閣新書

参考記事[編集]

  • 服部英次郎先生略歴・業績表 (服部英次郎先生古稀記念特集) 「関西大学哲学」1975-5

脚注[編集]

  1. ^ 『人物物故大年表』