服部正明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

服部 正明(はっとり まさあき、1924年7月8日 - )は、日本の仏教学者、古代インド哲学研究者。

来歴[編集]

東京生まれ。父は洋画家漫画家服部亮英

京都帝国大学文学部哲学科卒業。1961年京都大学文学部助教授、1973年教授、1988年定年退官、名誉教授。1990年紫綬褒章受章。

師に長尾雅人、同僚に梶山雄一柳田聖山大地原豊がいる。論文の多くは外国語で出されている。

著書[編集]

共著[編集]

翻訳[編集]

論文[編集]