この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

服部晃佳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

服部晃佳
Akika Hattori
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1983-09-22) 1983年9月22日(35歳)
出身地 三重県四日市市
ラテン文字 Akika Hattori
身長 174cm
体重 62kg
選手情報
愛称 サナ
ポジション WS
指高 220cm
利き手
スパイク 299cm
テンプレートを表示

服部 晃佳(はっとり あきか、女性、1983年9月22日[1] - )は、日本の元バレーボール選手。三重県四日市市出身。ニックネームはサナVプレミアリーグパイオニアレッドウィングスに所属していた。

来歴

三重県四日市市出身。高校は東京の名門八王子実践高校に進学、在学中の2000年には第31回春高バレーでは準優勝、2001年の同大会ではベスト4などを果たした。

2002年日本女子体育大学に進学し、全日本インカレなどに出場した。卒業後は2006年柏エンゼルクロスに入部。3年間プレーした後、2009年健祥会レッドハーツに移籍し、2シーズンプレーし一時は引退。

2011年9月にパイオニアレッドウィングスからのオファー[1]があり、チャレンジリーグ時代の仕事がメーンのスタイルからバレーに集中できる環境にひかれ、同年11月に入団。2011/12Vプレミアリーグの中盤戦から試合に出始め、2012年2月4日の対デンソー戦でスタメン出場[2]した。その後、チームの中核として活躍している。

2013年4月に行われたVチャレンジマッチの上尾メディックス戦に勝利し、試合後には「緊迫した試合の経験を今後の糧にしないと頑張った意味がない」[3]と振り返った。同年10月の第68回国民体育大会バレーボール競技では山形県12年ぶりの優勝に大きく貢献した。

2014年5月、レッドウィングスの廃部[2]とともに現役引退。

所属チーム

エピソード

  • 武富士バンブー上尾メディックスでプレーしていた服部安佑香は実妹である。
  • 現在、ビーチーバレーで活躍している宮川紗麻亜は八王子実践高、日本女子体育大学時代の同級生である。
  • ニックネームのサナは大学時代の先輩に「魚が好き」と言ったらつけられた。[4]
  • チャレンジリーグで長くプレーしていた経験を持ち、仕事がメーンで午前8時半から午後5時老人ホームで勤務していた。[5][要出典]

プレースタイル

攻守に安定した活躍をみせるウィングスパイカーである。サーブレシーブしてから瞬時にスパイクの体勢に入り、スピードを生かした攻撃で得点を量産する。[要出典]

個人成績

Vプレミアリーグレギュラーラウンドにおける個人成績は下記の通り[3]

シーズン 所属 出場 アタック ブロック サーブ レセプション 総得点 備考
試合 セット 打数 得点 決定率 効果率 決定 /set 打数 エース 得点率 効果率 受数 成功率
2011/12 パイオニア 21 53 268 81 30.2% % 5 0.09 145 3 2.07% 7.2% 374 55.1% 89
2012/13 28 66 548 183 33.4% % 15 0.23 169 2 1.18% 6.7% 413 60.0% 200
2013/14 28 79 389 116 29.8% % 12 0.15 156 1 0.64% 8.5% 377 53.1% 129
通算 77 198 1205 380 31.5% % 32 0.16 470 6 1.28% 7.4% 1164 56.2% 418

及び健祥会レッドハーツ在籍時のデータは、チャレンジリーグの為記載せず。

脚注

  1. ^ Vリーグ 公式プロフィール
  2. ^ 東北パイオニア. “女子バレーボール部「パイオニアレッドウィングス」の廃部について”. 2014年5月23日閲覧。
  3. ^ Vリーグ機構. “選手別成績”. 2015年3月18日閲覧。

外部リンク