服部広太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
服部 廣太郎
Add caption here
生誕 1875年5月1日
日本の旗 日本東京都千代田区
死没 (1965-09-30) 1965年9月30日(90歳没)
日本の旗 日本東京都
国籍 日本の旗 日本
研究分野 植物学
研究機関 徳川生物学研究所生物学御研究所
出身校 東京帝国大学
主な業績 皇居における植物学研究
プロジェクト:人物伝

服部 廣太郎(はっとり ひろたろう、1875年5月1日 - 1965年9月30日)は、日本生物学者東京帝国大学講師。菌類を専門とした。昭和天皇生物学の師として知られ、1925年の生物学御研究所の開設に携わった。徳川義親とも関係が深く、1923年から徳川生物学研究所所長を務める。服部学園御茶の水美術学院御茶の水美術専門学校アートジム)の創立者でもある。父、服部親臣は尾張徳川家所縁のある尾張藩士だと言われている。

経歴[編集]

1911年徳川義親が同大学理科大学生物学科に学士入学した際には、講師となっていた服部が口利きをしたとされる[1]

1914年宮内庁御学問所御用掛に任ぜられ、東宮(のちの昭和天皇)に生物学を講じる[2]

[いつ?]御学問所御用掛で同僚(歴史の教師)だった[2]

1923年、徳川生物学研究所の所長に就任[3]。その後、昭和天皇による生物学研究所の開設を取仕切り、1925年開設された生物学御研究所の主任に就任[3]

人物[編集]

廣太郎は屈託のない性格で、面倒見が良く、また功名にも逸らなかったことから、昭和天皇からの信頼が最も厚かった人物の1人とされている[要出典]

Hatt.は、植物の学名命名者を示す場合に服部広太郎を示すのに使われる。命名者略記を閲覧する/IPNIAuthor Detailsを検索する。)

脚注[編集]

  1. ^ 科学朝日 1991, p. 194.
  2. ^ a b 小田部 1988, p. 29.
  3. ^ a b 科学朝日 1991, p. 196.

参考文献[編集]