服部広太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
服部 廣太郎
Add caption here
生誕 1875年5月1日
日本の旗 日本東京都千代田区
死没 (1965-09-30) 1965年9月30日(満90歳没)
日本の旗 日本東京都
国籍 日本の旗 日本
研究分野 植物学
研究機関 徳川生物学研究所生物学御研究所
出身校 東京帝国大学
主な業績 皇居における植物学研究
プロジェクト:人物伝

服部 廣太郎(はっとり ひろたろう、1875年5月1日 - 1965年9月30日)は、日本生物学者東京帝国大学講師。菌類を専門とした。昭和天皇生物学の師として知られ、1925年の生物学御研究所の開設に携わった。尾張藩出身で徳川義親とも関係が深く、1923年から徳川生物学研究所所長を務める。服部学園御茶の水美術学院御茶の水美術専門学校アートジム)の創立者でもある。

経歴[編集]

1875年、東京市神田区駿河台にあった尾張藩武家屋敷に生まれる[要出典][1]。父・服部親臣は尾張徳川家に仕える尾張藩士で、廣太郎も尾張藩士となった[要出典][いつ?]東京帝国大学理科大学で植物学を修める。菌類を専門とした。[要出典]

[いつ?]学位は理学博士[要出典]

[いつ?]東京帝国大学講師[要出典]1911年徳川義親が同大学理科大学生物学科に学士入学した際には、講師となっていた服部が口利きをしたとされる[2]

学習院教授を経て[要出典]1914年宮内庁御学問所御用掛に任ぜられ、東宮(のちの昭和天皇)に生物学を講じる[3]

[いつ?]御学問所御用掛で同僚(歴史の教師)だった[3]白鳥庫吉と、姻戚関係を結ぶ[要出典]

1923年、徳川生物学研究所の所長に就任[4]。その後、昭和天皇による生物学研究所の開設を取仕切り、1925年9月赤坂離宮[要出典]開設された生物学御研究所の主任に就任[4]

1929年3月5日、昭和天皇の南紀行幸に際して南方熊楠に極秘で連絡を取り、昭和天皇への熊楠の御進講を実現させた[要出典]

人物[編集]

廣太郎は屈託のない性格で、面倒見が良く、また功名にも逸らなかったことから、昭和天皇からの信頼が最も厚かった人物の1人とされている[要出典]

Hatt.は、植物の学名命名者を示す場合に服部広太郎を示すのに使われる。命名者略記を閲覧する/IPNIAuthor Detailsを検索する。)

脚注[編集]

  1. ^ 生家は現在、当人の意志により服部学園御茶の水美術学院御茶の水美術専門学校アートジム)となっている[要出典]
  2. ^ 科学朝日 1991, p. 194.
  3. ^ a b 小田部 1988, p. 29.
  4. ^ a b 科学朝日 1991, p. 196.

参考文献[編集]