服部信明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
服部 信明
はっとり のぶあき
生年月日 (1961-06-05) 1961年6月5日
出生地 神奈川県茅ヶ崎市
没年月日 (2018-10-04) 2018年10月4日(57歳没)
死没地 神奈川県茅ヶ崎市
出身校 神奈川県立鶴嶺高等学校
東海大学理学部化学科(中退)
所属政党旧民主党→)
民主党→)
無所属
称号 旭日中綬章

当選回数 4回
在任期間 2003年4月28日[1] - 2018年10月4日

選挙区 茅ヶ崎市選挙区
当選回数 2回
在任期間 1995年4月30日 - 2003年3月

当選回数 2回
在任期間 1987年5月1日[1] - 1995年3月
テンプレートを表示

服部 信明(はっとり のぶあき、1961年昭和36年〉6月5日 - 2018年平成30年〉10月4日)は、日本政治家神奈川県茅ヶ崎市長(4期)、神奈川県議会議員(2期)、茅ヶ崎市議会議員(2期)などを務めた。

概要[編集]

神奈川県茅ヶ崎市生まれ。茅ヶ崎市立松林中学校神奈川県立鶴嶺高等学校卒業後、東海大学理学部化学科に入学。在学中は教員志望だった。1984年3月に大学を中退し、自宅で学習塾を開いた[2][3]

1987年(昭和62年)4月、茅ヶ崎市議会議員選挙に25歳で立候補し、初当選を果たした。茅ヶ崎市議を2期務めた後、1995年(平成7年)4月、神奈川県議会議員に当選。1996年旧民主党結党に参加した。

2003年4月27日執行の茅ヶ崎市長選挙に無所属で立候補し、当選。以後4期連続当選。

2018年10月3日18時に茅ヶ崎市内の集会に出席。講話後の質疑応答中に呂律が回らなくなりその場で座り込んだことから茅ヶ崎市立病院に緊急搬送されたが、翌10月4日8時48分、脳出血のため死去[4][5]。57歳没。叙従四位旭日中綬章追贈[6][7]

関連書籍[編集]

  • 市長の夢 19人の青年市長[8]日本ドリームプロジェクト(編)『市長の夢―19人の青年市長×きむ』いろは出版、2010年9月。ISBN 978-4902097344

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 任期満了日 - 神奈川県ホームページ
  2. ^ 服部信明のプロフィール - ウェイバックマシン(2014年2月22日アーカイブ分)茅ヶ崎市長 はっとり信明 ちがさき魅力アッププランNEXT
  3. ^ Vol.092 首長 服部 信明 茅ヶ崎市長 | 若者と政治を結ぶ NPO法人ドットジェイピー
  4. ^ “茅ヶ崎市長、脳出血のため急死…講話中座り込む” (日本語). Yomiuri ONLINE. 讀賣新聞社. (2018年10月4日). https://www.yomiuri.co.jp/politics/20181004-OYT1T50074.html?from=ytop_top 2018年10月4日閲覧。 
  5. ^ 平成30年10月4日 茅ヶ崎市長 服部信明の死去について
  6. ^ 「叙位叙勲」『読売新聞』2018年11月3日朝刊
  7. ^ 『官報』7387号、平成30年11月12日
  8. ^ 全国市長会 市長の夢 19人の青年市長 編集:日本ドリームプロジェクト 協力:全国青年市長会

外部リンク[編集]

先代:
添田高明
Flag of Chigasaki, Kanagawa.svg 神奈川県茅ヶ崎市長
第9代:2003年 - 2018年
次代:
佐藤光