有馬義純

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
有馬義純
時代 戦国時代
生誕 天文19年(1550年
死没 元亀2年6月14日1571年7月6日
別名 通称:太郎[1]
墓所 台雲寺
官位 修理大夫
氏族 肥前有馬氏
父母 父:有馬義貞、母:安富越中守
兄弟 義純西郷純堯[2]波多親晴信千々石純友大村喜前[3]掃部
純実純忠、他
安富越中守娘、西郷純久
大村喜前正室
養子:晴信(実弟)
テンプレートを表示

有馬 義純(ありま よしずみ)は、戦国時代大名肥前国日野江城主。

略歴[編集]

天文19年(1550年)、肥前島原半島を治めた大名・有馬義貞の嫡男として誕生[1]。母は肥前有馬氏の家臣・安富越中守の娘。藤原有馬世譜寛政重修諸家譜等は、室を安富越中守の娘としているが、キリスト教の宣教師が残した史料には、義純の室は西郷純久の娘と記載されている[4]

父が室町幕府12代将軍足利義晴から受けた「義」の一字をとって、「義純」と名乗る[5]。家督を継ぐ前には、足利義昭相伴衆となっている。

元亀元年(1570年)、父・義貞の隠居に伴って家督を継ぐ。次第に龍造寺隆信の圧迫を受けて領土を奪われ、有馬氏は衰退していった。元亀2年(1571年)6月14日、嗣子の無いまま死去。墓所は有馬の台雲寺。

弟・鎮純(後の晴信)が義純の養嗣子となる事で家督を継いだ。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 外山, p. 56.
  2. ^ 洗礼名・マセンシア・
  3. ^ 洗礼名・カタリーナ。
  4. ^ 結城, p. 77-79.
  5. ^ 肥前有馬一族

出典[編集]

  • 結城了悟『キリシタンになった大名』聖母の騎士社〈聖母文庫〉、1999年2月1日。ISBN 4-8821-6177-X
  • 外山幹夫『肥前 有馬一族』新人物往来社〈聖母文庫〉、1997年。