有馬久保

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
有馬 久保
時代 江戸時代後期
生誕 安永8年(1779年
死没 文化11年7月16日1814年8月30日
別名 揚次郎、六左衛門(通称)
戒名 竜光院殿宝岳義英大居士
墓所 東京都渋谷区広尾の祥雲寺
官位 従五位下、備後
幕府 江戸幕府
上総五井藩
氏族 加納氏摂津有馬氏
父母 父:加納久周、母:禎(松平信礼の娘)
養父:有馬氏保
兄弟 加納久慎久保大岡忠正本多忠和
大岡忠固松平信順継室、稲葉正武継室
正室:有馬氏保の娘
氏貞(長男)、娘(九鬼隆都正室)、
娘(津軽順承正室)

有馬 久保(ありま ひさやす)は、江戸時代後期の大名上総五井藩第3代藩主。氏倫系有馬家7代。

生涯[編集]

第3代伊勢八田藩加納久周の次男として生まれる。

寛政2年(1790年)7月、五井藩主有馬氏保が29歳で死去するが、臨終に際して久保が婿養子として家督を継ぐこととなった。同年9月23日に正式に遺領相続が認められ、12歳で藩主となる。

寛政6年(1794年)8月15日、将軍徳川家斉に初謁する。同年12月16日、従五位下備後守に叙せられる。寛政8年(1796年)2月15日、初めて領国に入るための暇を得ている。

文化11年(1814年)に死去し、跡を嫡男の氏貞が継いだ。

参考文献[編集]