有田鉄道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
有田鉄道株式会社
Arida Tetsudo Co.,Ltd.
種類 株式会社
略称 有鉄
本社所在地 日本の旗 日本
641-0801
和歌山県有田郡有田川町徳田178
設立 1913年2月17日
業種 陸運業
法人番号 9170001007176
事業内容 一般乗合旅客自動車運送事業
一般貸切旅客自動車運送事業
旅行業 他
代表者 代表取締役社長 川村 健一郎
資本金 3,000万円
外部リンク www.aritetsu.com/
特記事項:社名に「鉄道」が入っているが、鉄道事業は既に廃止している
テンプレートを表示

有田鉄道株式会社(ありだてつどう)は、和歌山県有田郡有田川町に本社を置くバス事業者である。略称は有鉄(ありてつ)。かつては鉄道路線有田鉄道線)を保有し、鉄道事業を行っていたが、2003年(平成15年)1月1日廃止し、現在は路線バス事業・貸切バス事業のみを行っている。

歴史[編集]

  • 1912年(明治45年)3月9日 : 有田軽便鉄道に対し鉄道免許状下付(有田郡湯浅町-同郡屋城村間)[1]
  • 1913年(大正2年)2月17日 : 有田軽便鉄道株式会社設立。
  • 1913年(大正2年)6月 : 有田鉄道株式会社に商号変更。
  • 1915年(大正4年)5月28日 : 海岸駅 - 下津野駅間開業[2]
  • 1916年(大正5年)1月1日 : 旅客運輸営業休止(海岸-湯浅間)[3]
  • 1916年(大正5年)7月1日 : 下津野駅 - 金屋口駅間延伸開業[4]
  • 1940年(昭和15年)4月9日 : 旅客運輸営業廃止(海岸-湯浅間)[5]
  • 1944年(昭和19年)12月10日 : 海岸駅 - 藤並駅間休止。1959年(昭和34年)廃止。
  • 1947年(昭和22年)5月 : 一般乗合旅客自動車運送事業運輸開始。
  • 1953年(昭和28年)1月 : 一般貸切旅客自動車運送事業運輸開始。
  • 1976年(昭和51年)8月 : 広告宣伝業開業。
  • 1977年(昭和52年)12月 : 賃貸業開業。
  • 1983年(昭和58年)4月 : 農産業開業。
  • 1992年(平成4年)4月 : 特定旅客自動車(スクールバス)運送事業運輸開始。
  • 1994年(平成6年)2月 : 国内旅行斡旋業開業。
  • 2003年(平成15年)1月1日 : 鉄道路線全線廃止。
  • 2013年(平成25年)7月30日 : 新高速乗合バス事業に係る管理の受委託の許可を受ける。

鉄道事業[編集]

当社の創業事業であったが、2003年1月1日に廃止された。

詳細は有田鉄道線を参照のこと。

バス事業[編集]

有田鉄道の路線バス 三菱ふそう・ローザ(1996年撮影)
有田鉄道の路線バス いすゞ・ジャーニー(1996年撮影)
貸切車

和歌山県内を拠点に、路線バス・貸切バスの営業を行なっている。なお、同じ和歌山県内に「有田(ありた)交通」という事業者が存在するが、無関係である。

営業所[編集]

本社営業所(路線バス・自治体受託バス)
和歌山県有田郡有田川町大字徳田178
花園営業所
和歌山県伊都郡かつらぎ町大字花園梁瀬633
和歌山営業所(貸切バス)
和歌山県和歌山市西浜1660-24

路線バス[編集]

狭隘路線が多いので、大半がマイクロバスによる運行である。IC乗車券や磁気式バスカードは未導入であり、全区間現金での利用となる。

現行路線[編集]

藤並線
JR藤並駅止まりと、済生会有田病院直通の2系統がある。両系統とも停留所名は「藤並」であるが、藤並駅行きは藤並駅西口、済生会直通は東口に停車する。また吉備中学校前より藤並駅方面は、藤並駅行きは県道22号線の旧道、済生会直通は吉備金屋バイパスを経由するため、停留所も異なる。
清水で湯川線、花園で高野線、かつらぎ町コミュニティバス新城・花園コースへ乗継が可能。
  • 藤並駅 - 金屋口 - 二川 - 清水 - 花園
  • 済生会有田病院 - 金屋口
高野線
「高野山」バス停は高野山駅ではなく、南海りんかんバス千手院橋停留所のことである。
美山線
有田川町及び日高川町旧美山村地域から和歌山市海南市に直通する唯一の路線。海南駅前〜野田口 間は阪和自動車道海南IC有田ICを経由する。以降終点までは県道22号の旧道、国道480号線国道424号線を通る。平日のみ、2往復運行。
川原河では御坊南海バス日高川町コミュニティバス田辺市住民バスとの乗継が可能。
湯川線
  • 清水 - 上湯川

委託運行[編集]

有田川町コミュニティバスの受託運行
有田川町観光巡回バス[6]
繁忙期を除き金・土・日・祝日に2往復運行される。乗車料金は無料。
和歌山市地域バスの委託運行[7]
2013年4月1日運行開始。2009年10月1日に廃止された和歌山バス紀三井寺団地線(和歌山市内線 28系統)の一部区間を踏襲[8]

廃止路線[編集]

  • 和歌山市駅 - 花園
  • 金屋口 - 田殿口 - 宮原

車両[編集]

2007年3月31日現在、路線バスとして10台のバス車両(うちノンステップバスは1台)を保有する[9]。かつては、トヨタ・クラウンセダンを一部路線に使用していたことがあった[10]

貸切バス[編集]

貸切バスは現在の主力事業であり、大型スーパーハイデッカーも在籍する。過去にはネオプラン・スカイライナーも在籍していた。

その他[編集]

  • 運行受託の形式でWILLER EXPRESSの一部の分の運行を担当している[11]

脚注[編集]

  1. ^ 「軽便鉄道免許状下付」『官報』1912年3月14日(国立国会図書館デジタル化資料)
  2. ^ 「軽便鉄道運輸開始」『官報』1915年6月2日(国立国会図書館デジタル化資料)
  3. ^ 「軽便鉄道一時旅客取扱休止」『官報』1916年1月12日(国立国会図書館デジタル化資料)
  4. ^ 「軽便鉄道運輸開始」『官報』1916年7月6日(国立国会図書館デジタル化資料)
  5. ^ 「旅客運輸営業廃止」『官報』1940年4月13日(国立国会図書館デジタル化資料)
  6. ^ 有田川の光を見る〜有田川町観光施設循環バスと観光振興〜 (pdf)”. 有田川町 (2010年1月7日). 2017年8月26日閲覧。
  7. ^ 和歌山市地域バス 紀三井寺団地線 (pdf)”. 有田鉄道株式会社 (2010年1月7日). 2017年8月26日閲覧。
  8. ^ “紀三井寺団地に地域バス 4月待望の運行開始”. 和歌山新報. (2013年3月31日). http://www.wakayamashimpo.co.jp/2013/03/20130331_23843.html 2017年8月28日閲覧。 
  9. ^ http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/020500/bus/ss1.pdf 和歌山県企画部地域振興局総合交通政策課 和歌山県内のバスの状況
  10. ^ 『鉄道ピクトリアル』通巻331号 p.87
  11. ^ 7月31日 WILLER EXPRESSが高速路線バスを運行開始

関連項目[編集]

外部リンク[編集]