有田温三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
有田温三

有田 温三(ありた おんぞう、慶応元年8月13日[1]1865年10月2日) – 昭和2年(1927年2月27日[2])は、衆議院議員中正会)、ジャーナリスト

経歴[編集]

安芸国賀茂郡西高屋村(現在の広島県東広島市)出身。本願寺普通教校、早稲田大学政治経済科を卒業[1]。はじめ山陽新報記者となり、後に安芸津新報主筆に転じ、さらに大阪朝日新聞に入って広島支局長を務めた。

1903年明治36年)、広島県会議員に当選し、県参事会員も務めた[3]1907年(明治40年)からは広島市会議員も兼ね、下水道建設に尽力した[3]

1912年(明治45年)、第11回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。第12回衆議院議員総選挙でも再選を果たした。

脚注[編集]

  1. ^ a b 『人事興信録』
  2. ^ 『昭和三年 朝日年鑑』大阪朝日新聞社、1927年
  3. ^ a b 『広島県紳士名鑑』広島市162ページ

参考文献[編集]

  • 『広島県紳士名鑑』国民教育普及社、1917年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第4版』人事興信所、1915年。