有明淑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

有明 淑ありあけ しず 1919年 - 1981年)は太宰治の短篇小説「女生徒」の題材となった日記の筆者。

微生物学者有明文吉の次女として東京に生まれる。成女高等女学校(現在の成女高等学校)を卒業する直前に、敬愛する父が死去。

1936年に同校を卒業し、イトウ洋裁学校に通学。このころから太宰文学に親しむと共に、自らも文章を書き始めた。1938年4月30日から1938年8月8日まで大学ノートに日記を綴る。

1938年9月、この日記を太宰に郵送。翌1939年、太宰がこの日記を一日の出来事に圧縮する形で短篇「女生徒」を書き上げ、「文学界」4月号に発表。有明は太宰からこの掲載誌と単行本「女生徒」を贈呈されて感激した。

1942年、軍医有坂恭二と結婚。のち二児を儲けたが、長男に先立たれた。

1958年、夫と死別したことを機に洗礼を受け、クリスチャンとなった。

彼女の日記は、2000年2月に青森県近代文学館から「資料第一輯(有明淑の日記)」の題名で公刊された。

外部リンク[編集]