有希・マヌエラ・ヤンケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
有希・マヌエラ・ヤンケ
生誕 (1986-09-29) 1986年9月29日
出身地 ドイツの旗 ドイツミュンヘン
ジャンル クラシック音楽
職業 ヴァイオリニスト
担当楽器 ヴァイオリン

有希・マヌエラ・ヤンケ(Yuki Manuela Janke、1986年9月29日 - )は、ミュンヘン生まれのヴァイオリニスト

略歴[編集]

ドイツ人の父アンスガー・ヤンケ(ミュンヘン国立音楽大学ピアノ科教授)とピアニストである日本人の母の音楽家の家庭に生まれる。3歳からヴァイオリンとピアノを始めた。9歳の時、ドイツでソリストとしてデビュー。

現在はザルツブルクモーツァルテウム国立音楽大学に在籍し、イゴール・オジム教授に師事。

ドイツのストゥディエンシュティフトゥング・デス・ドイチェン・フォルケス、及びドイツ・ムジークレーベン財団の給費生[1]

長姉の歩・マノン・ヤンケ1980年 - )はピアニスト、長兄のアドリアン・ヤンケ1981年 - )はチェリスト、次兄のアンドレアス・純・ヤンケ1983年 - )はヴァイオリニスト(チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団の第一コンサートマスター[2])で、この3人と共にヤンケ・ピアノ・カルテット(Das Janke-Klavierquartett)を結成している。

2006年7月CDデビュー。

2012年8月よりドレスデン・シュターツカペレの第一コンサートマスター(コンサート・ミストレス)に就任した。本オーケストラにおいて女性がコンサート・マスターに就くのは史上初。2年間、同オケで務め、2015年8月にはベルリン国立歌劇場管弦楽団(シュターツカペレ・ベルリン)の客演コンサートマスターに就任した。

コンクール歴[編集]

使用楽器[編集]

日本音楽財団より貸与されている1736年ストラディヴァリウス「ムンツ」。


脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]