有峰林道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
有峰湖と有峰林道
有峰ダム上を走る有峰林道

有峰林道(ありみねりんどう)は、富山県富山市岐阜県飛騨市にまたがる有料道路である。有峰林道は総称で複数の林道で構成される。 また、冬季は全線で通行止となる。

概要[編集]

  • 富山県林道有峰線
    • 小見線:富山市亀谷 - 有峰猪根(2009年10月7日より、山腹崩壊のため通行止であったが、2011年6月1日より開通)
    • 湖周線:富山市有峰猪根 - 有峰猪根
    • 大多和線:湖周線から分岐して大多和峠(岐阜県境)
    • 小口川線:富山市水須 - 不動谷
    • 東谷線:湖周線 - 飛越トンネル(岐阜県境、高山大山林道と接続)
  • 富山県林道真川線
    • 折立線:湖周線から分岐して新折立トンネル(折立、折立バス停、駐車場、キャンプ場、ヒュッテ)
    • 真川線:新折立トンネル - 湯川谷

歴史[編集]

  • 1951年 - 大山町北陸電力が、森林開発と有峰ダム建設を目的に、現在の小見線の工事に着手[1]
  • 1962年 - 小見線と湖周線が開通。工事費約5億円。
  • 1964年 - 富山県が森林開発と観光開発を目的に真川線の工事に着手。
  • 1967年 - 真川線開通。工事費約1億6,800万円。
  • 1969年 - 小口川線開通。工事費約3億9,000万円。

通行料金等[編集]

通行料金(2014年4月現在)

  • 大型車:4,400円
  • 小型車:1,900円
  • 自動二輪車等:300円

通行時間

  • 6:00 - 20:00までで、20:00から6:00までの夜間は通行止となる。

脚注[編集]

  1. ^ 「大山町史」第4章大山の近現代-大規模林道p495 大山町史編纂委員会編 1964年発行

関連項目[編集]

外部リンク[編集]