有山輝雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

有山 輝雄(ありやま てるお、1943年9月6日- )は、日本歴史学者、元東京経済大学コミュニケーション学部教授。専門は近代日本メディア史。

略歴[編集]

神奈川県出身。1967年東京大学文学部国史学科卒業。1972年同大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。社団法人日本新聞協会、桃山学院大学社会学部助教授、成城大学文芸学部助教授、1989年教授、2002年東京経済大学教授。

著書[編集]

単著[編集]

  • 徳富蘇峰国民新聞』(吉川弘文館, 1992年)
  • 『近代日本ジャーナリズムの構造――大阪朝日新聞白虹事件前後』(東京出版, 1995年)
  • 甲子園野球と日本人――メディアのつくったイベント』(吉川弘文館, 1997年)
  • 『戦後史のなかの憲法とジャーナリズム』(柏書房, 1998年)
  • 『海外観光旅行の誕生』(吉川弘文館, 2002年)
  • 陸羯南』(吉川弘文館, 2007年)
  • 『「中立」新聞の形成』(世界思想社, 2008年)
  • 『近代日本のメディアと地域社会』(吉川弘文館, 2009年)
  • 『情報覇権と帝国日本』吉川弘文館、2014 

編著[編集]

  • 『占領期メディア史研究――自由と統制・1945年』(柏書房, 1996年)

共編著[編集]

全て世界思想社より

  • 津金沢聡広)『現代メディアを学ぶ人のために』(1995年) 
  • (津金沢聡広)『戦時期日本のメディア・イベント』(1998年)
  • 竹山昭子)『メディア史を学ぶ人のために』(2004年) 

編纂史料[編集]

全て西山武典と共同編集、柏書房より

  • 『近代日本メディア史資料集成 同盟通信社関係資料(全10巻)』(1999年)
  • 『近代日本メディア史資料集成 情報局関係資料(全7巻)』(2000年)
  • 『近代日本メディア史資料集成 国際通信社・新聞連合社関係資料(全4巻)』(2000年)

監修史料[編集]

全てゆまに書房より

  • 『新聞史資料集成 明治期篇 (1・2)』(山本武利共同監修, 1995年)
  • 『NHK年鑑(全19巻)』(日本放送出版協会編, 1999年)
  • 『占領期新聞資料集成 日本新聞年鑑(全6巻, 昭和22-28年)』(日本新聞協会編, 2001年)
  • 『占領期新聞資料集成 新聞協会資料(全3巻)』(日本新聞協会編, 2001年)
  • 『新聞広告総覧(全9巻, 1932-1940年)』(新聞広告奨励会編, 2004年)
  • 『昭和初期新聞ジャーナリズム論集(全3巻)』(2005年)
  • 『あるジャーナリストの敗戦日記 1945-1946』(森正蔵著, 2005年)
  • 『日本画報――付・日露戦時旬報(上・下)』(高木宏治編, 2008年)

参考[編集]