月経吸引法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

月経吸引法(げっけいきゅういんほう Menstrual Extraction: ME)は月経に対応するための技術でもある。

初期の発展[編集]

1971年に、フェミニストの女性リプロダクティブヘルスの自助(self-help)グループのメンバーであったロレイン・ロスマンとキャロル・ダウナーは診療所で使用されていた手動吸引装置(MVA)を改良した。

二人はカーマンカニューラ(柔軟な医療用チューブ)、注射器、一方弁、そして収集ビンを集めて「ロー対ウェイド判決」以前に、月経吸引を行うための操作の仕方を学んだ。

ロスマンとダウナーが発展させたこの装置はデルエム("Del Em." )と呼ばれる。手動吸引法(MVA:Manual VaccumeAspiration)とは構成が異なり、子宮内容物は注射器に直接吸い込まれる代わりに、カニューラを通って収集ビンに入る。

こうすることで、(この処置をうける)女性が吸引をコントロールすることができるので(訳注:自分の手で直接操作する、ということではなく吸引の強さなどを自分の感覚にしたがって操作する人に言って変えてもらうことができるという意味であると訳者は考える。)、資格のある医療従事者は時にデルエムを使用していないのにMVAを月経吸引法と呼ぶことがある。

自分達のやっていることを、ダウナーとロスマンは月経吸引法、あるいはMEと呼んだ。 全米女性健康ネットワーク(National Women's Health Network)によると、「初期のセルフヘルプ実践者たちは女性たちがセルフヘルプグループに参加して月経開始予定日のあたりにお互いの月経を吸引する練習をするように主張した。もし妊娠が起これば、子宮内容物とともに吸引されることになる。」他の女性グループにMEを紹介するツアーが国内で行われ、この方法はかなり有名になり、20,000もの処置がおこなわれたとされている。

1971年には、警察がダウナーとロスマンのセルフヘルプクリニックに手入れを行なったが、犯罪が行われたという唯一の証拠は、膣のカンジダ感染を治癒するためのビンに入ったヨーグルトだった。ダウナーは無資格でヨーグルトを使った医療行為により逮捕され、そのヨーグルトは証拠として提出された。1972年の12月彼女は陪審員により無罪とされた。この警察の襲撃、逮捕、裁判は女性のセルフヘルプムーブメントの中で「名高いヨーグルトの陰謀」("the Great Yogurt Conspiracy.")と呼ばれた。

ロー対ウェイド事件裁判の最高裁決定(訳注:いわゆるロウ判決)以降は、MEの実践はかなり減った。そして1980年代終わりと90年代はじめにアメリカ合衆国最高裁判所が、ウェブスター vsリプロダクティブ ヘルスサービス裁決したとき、MEの技術がマスコミで大きく議論された。セルフヘルプに関わる者たちは1971年のツアーを反復し、自己内診(SELF EXAMINATION)とMEを共有して全米を旅した。 ニューヨークタイムズは MEを「病院・診療所で行われている吸引処置の低予算版」と呼んだ。

他の国々での使用[編集]

キューバでは、月経調節法は広く実践されている。女性はだれでも妊娠検査なしで月経調節処置が提供される。

参考[編集]