月曜休日統一法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

月曜休日統一法(げつようきゅうじつとういつほう、英語: Uniform Monday Holiday Act, Public Law 90-363)とは、アメリカ合衆国連邦政府の公式な移動祝日を設定した法律である。この法律は合衆国法典で規定した祝日月曜日へ移動させるための法律で、1968年6月28日に法制化され、1971年に施行された[1]

この法律によって、いくつかの祝日が「○月の第○月曜日」の形で月曜日へ移動することとなった。

祝日となった月曜日[編集]

祝日名 英語名 元の月日 移動した月日
ワシントン誕生日 President's Day 2月22日 2月の第3月曜日
戦没将兵追悼記念日 Memorial Day 5月30日 5月の最終月曜日
労働者の日 Labor Day - 9月の第1月曜日
コロンブス・デー Columbus Day 10月12日 10月の第2月曜日

一度、月曜日に変更されたが戻された祝日[編集]

復員軍人の日Veterans Day)は、「11月11日」から「10月の第4月曜日」に変更された。しかし多くの州、自治体、アメリカ軍退役軍人会などの反発によって、1978年「11月11日」へ戻された[2][3]

追加された祝日[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Uniform Monday Holiday Act. National Archives and Records Administration. January 15, 1968.
  2. ^ United States Law Section 6103. Justia.
  3. ^ 「退役軍人の日」:90年の歩みナショナルジオグラフィック ニュース)

関連項目[編集]