月刊タウン情報ひろしま

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
月刊タウン情報 ひろしま
愛称・略称 TJ Hiroshima
ジャンル タウン情報誌
刊行頻度 月刊
発売国 日本の旗 日本広島県
定価 500円
出版社 アドプレックス
発行人 隅川通治
編集長 阿南征士
刊行期間 1977年4月25日 -
発行部数 3万5,000[1]部(2018年3月)
ウェブサイト tjtj.net

月刊タウン情報 ひろしま(げっかんタウンじょうほうひろしま)は、広島県を対象地域とする月刊のタウン情報誌。略称は「TJ Hiroshima」(ティージェイ ヒロシマ)。

概要[編集]

1977年に創刊[2]。発売日は毎月25日。中国電力グループのアドプレックス[3]が発行している。以前はアドプレックス(旧・産興)の100%子会社であった(株)ひろしまタウン情報が発行していた[2]が、2007年2月合併[3]に伴い現在の状況になった。

地元の最新情報を扱うほか、広島テレビ放送や同じ中国電力グループのひろしまケーブルテレビとのコラボレーション企画、地元スポーツ3団体である広島東洋カープJTサンダーズサンフレッチェ広島の特集が組まれている。

また、サンフレッチェ広島オフィシャル季刊誌である「ASSIST」および「オフィシャルイヤーブック」も当編集室で編集されている。さらには同クラブにはアドプレックスが「Tj Hiroshima」名義で練習用ユニフォームスポンサーをしている[4]

出身者[編集]

  • 山近義幸(ザメディアジョン)[5]
  • 山口泰利(デジタル・ワン)[5]
  • 和田裕文(トークオフィス)[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ TJ Hiroshima 媒体資料 (PDF)”. 株式会社アドプレックス TJ Hiroshima編集室 (2018年3月). 2018年5月12日閲覧。
  2. ^ a b ひろしまの企業情報”. 広島市経済局. 2011年3月6日閲覧。
  3. ^ a b 産興株式会社と子会社の合併について”. 中国電力 (2007年2月27日). 2011年3月6日閲覧。
  4. ^ スポンサー企業”. サンフレッチェ広島公式. 2011年3月6日閲覧。
  5. ^ a b c 久村敬夫著『日本最長寿タウン誌の軌跡 ヒロシママガジン』(2003年8月8日発行、ザメディアジョン)p91. 2018年11月5日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]