月世界征服

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
月世界征服
DESTINATION MOON
監督 アーヴィング・ピシェル
脚本 ロバート・A・ハインライン
リップ・ヴァン・ロンケル
ジェームズ・オハンロン
製作 ジョージ・パル
出演者 ジョン・アーチャー
トム・パワーズ
ワーナー・アンダーソン
ディック・ウェッソン
音楽 ライス・スティーブンス
撮影 ライオネル・リンドン
編集 デューク・ゴールドストーン
配給 松竹映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1950年8月
日本の旗 1951年3月6日
上映時間 91分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

月世界征服』(つきせかいせいふく、原題:DESTINATION MOON)は1950年に製作されたアメリカ映画

1951年アカデミー視覚効果賞受賞。1951年ベルリン映画祭冒険部門銅熊賞受賞。科学的考証の行き届いた本格的な宇宙旅行を扱った最初の記念碑的映画であり、テクニカラー作品。

ストーリー[編集]

陸軍のセイヤー将軍と天体物理学者カーグレイブス博士の4年越しのロケット開発は、実業家ジム・バーンズの援助を得て、やっと原子力ロケットとして完成した。第一号ロケットは、セイヤー、カーグレイブス、バーンズの三人に、新人無線技師のスウィーニーを乗せ、月世界征服に飛び立った。一行はさまざまな苦難を経て、月のハーバラス噴火口に到着した。地球と無線連絡をとりながら、さまざまな探検を行うが、いよいよ月を離れるにあたって、ロケットが月を離脱するには重量超過であることが判明する。一行は無線機以外のあらゆるものを捨て、月を飛び立ち、地球に帰還するのだった。

キャスト[編集]

※()は日本語吹き替え

  • ジム・バーンズ - ジョン・アーチャー(山内雅人
  • セイヤー将軍 - トム・パワーズ(森山周一郎
  • チャールズ・カーグレイブス博士 - ワーナー・アンダーソン(富田耕生
  • ジョー・スウィーニー - ディック・ウェッソン(青野武

スタッフ[編集]

外部リンク[編集]