月ヶ谷城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:跡地の現状の画像提供をお願いします。2015年2月
logo
月ヶ谷城
愛知県
城郭構造 山城
天守構造 なし
築城主 西郷信員・正員
築城年 大永3年(1523年)?
主な城主 西郷氏
廃城年 永禄5年(1562年)
遺構 土塁、堀、井戸
指定文化財 なし
位置 北緯34度48分26.447秒
東経137度28分13.287秒
座標: 北緯34度48分26.447秒 東経137度28分13.287秒

月ヶ谷城(わちがやじょう)とは、戦国時代愛知県豊橋市嵩山(すせ)町に有った日本の城山城)である。五本松城へ移転するまで、三河西郷氏の本城であった。

名の由来[編集]

城址は現在豊橋市内であるが、かつては八名(やな)郡嵩山村にあり、そして西側が月ヶ谷村であった。城址近くの月ヶ谷山萬福寺の寺紋が「輪違(輪がつながった形の紋所)」であることによると言う。

歴史[編集]

所在地[編集]

愛知県豊橋市嵩山町字山軍場

豊橋市立石巻中学校の東で国道362号の北側の山

関連項目[編集]