最終痴漢電車2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 最終痴漢電車2
対応機種 Microsoft Windows/98/Me/XP
発売元 アトリエかぐや(TEAM HEARTBEAT)
ジャンル アドベンチャーゲーム
発売日 2003年12月19日
レイティング 18禁
キャラクター名設定 不可
エンディング数 10
セーブファイル数 100
メディア DVD-ROM
画面サイズ 800×600 ハイカラー
BGMフォーマット PCM
キャラクターボイス フルボイス(主人公以外)
CGモード あり
音楽モード あり
回想モード あり
メッセージスキップ あり
オートモード あり
テンプレートを表示

最終痴漢電車2』(さいしゅうちかんでんしゃ2)は、2003年12月19日アトリエかぐや TEAM HEARTBEATから発売された18禁痴漢陵辱AVGである。


ストーリー[編集]

主人公新堂巧はある夜、偶然にも深夜の電車で組織「最終痴漢電車」のイベントに遭遇し、一人の少女に群がる痴漢達と、輪姦行為にむしろ歓喜する少女の宴に魅入られてしまう。巧はもう一度宴に参加したく探し回った末にその時会った老人・松尾と再び出会い、組織に入るには生贄の少女「ゲスト」が必要だと言われる。かくしてゲストを見つけるべく巧は痴漢の道に足を踏み入れた。
最終痴漢電車」の続編で、前作に続き松尾平蔵が登場している。

特別痴漢車両「最終痴漢電車」[編集]

前作「最終痴漢電車」にて、ローカル線の車掌で「伝説の痴漢」と言われた天野哲雄が路線の廃止を回避すべく発案した特別路線。深夜誰も利用しない路線を使い、高額の乗車券で痴漢達が乗車、天野が調達してきた女性「ゲスト」を好きなだけ陵辱するという内容で、結果として高収入で路線は存続された。しかしスポンサーの一人で、とある「組織」の一員である諸田が己の私欲の為にやがて暴走したが、「組織」が危険視し、幹部である松尾の手により車両を脱線させて最終痴漢電車を壊滅させ、諸田は掟により処刑、天野には今後最終痴漢電車の運営には干渉しないことを条件に見逃し、以後、最終痴漢電車は譲渡という形で組織が運営することになった。
運営責任者は松尾で、組織が運営している私鉄路線を利用し、運行ダイヤルに乗っていない裏最終便「特別痴漢路線」にて運営している。裏世界の情報で運行時間表を知ることができ、入会するには調教し、本人の同意の上で宴に参加させる生贄の女性「ゲスト」を一人連れてくることが条件、連れて来られない場合は参加費に高額の乗車券を支払わされる。時には組織の幹部が宴を鑑賞・陵辱するために豪華に作らせた「VIP用鑑賞部屋」が設置されることがある。

登場人物[編集]

主要人物[編集]

新堂 巧(しんどう たくみ)
物語の主人公。聖アンスリウム女学院の図書館で非常勤司書をしており、ルックスも良いことから生徒達にも人気がある。天才的な痴漢で、今まで自分のテクニックに満足していたが、「最終痴漢電車」での宴を目の当たりにし、今までの痴漢行為を否定された気分になり、新たな興奮を求めて組織に参加すべくゲストの女の娘を探すことになった。
鳴瀬 由奈(なるせ ゆな)
声:木葉楓
聖アンスリウム女学院生で新体操部のエース。その愛らしい容姿と素直な性格からみんなに好かれ、また新体操の世界でも期待の選手として有名。巧とは過去のとある出来事がきっかけで想いを寄せているが、巧としては大したことではないので忘れている。
秋月 美玲(あきづき みれい)
声:島香麗子
聖アンスリウム女学院生。大物政治家を父に持ち、それゆえに性格はわがままでプライドが高い。父親を潔癖な人だと尊敬し、周りが父に媚び諂う姿を見て育っているため、周りを見下している。最近はゆり・あき・さなえの三人の取り巻き達と「痴漢退治」と称して痴漢に恥辱を与えるために電車に乗っている。
片瀬 麻穂(かたせ まほ)
声:みる
聖アンスリウム女学院生で片瀬姉妹の双子の姉。寡黙な性格で水泳部所属。水穂を溺愛しており、いつも行動を共にする。
片瀬 水穂(かたせ みずほ)
声:長崎みなみ
聖アンスリウム女学院生で片瀬姉妹の双子の妹。麻穂とは対照的に活発な性格でチアリーディング部所属。麻穂を溺愛しており、いつも行動を共にする。
上條 真夜(かみじょう まや)
声:白井綾乃
大手予備校「オダマギ予備校」の英語教師。整った顔立ちとグラマラスなプロポーションから、外を出歩く時も周りの男達の注目を集める。いつもスーツを着ており、一見やり手のキャリアウーマンに見えるが、異性に触れられることには慣れておらず、少女らしい一面を持つ。
柳 綾香(やなぎ あやか)
声:長崎みなみ
外資系のエリートサラリーマンを夫に持つ主婦。退屈しのぎにスーパーのレジのパートに勤めている。多忙な毎日を過ごす夫との夜の営みが乏しいため欲求不満気味。成熟したプロポーションの持ち主。
瀬名 柚姫(せな ゆずき)
声:夕芽
巧達が利用する鉄道会社の女性職員で、痴漢撲滅のために監査役をしている。空手の有段者で、痴漢を空手で叩きのめして捕らえるため、駅を利用する女性からの人気は高いが、反面男性を軽視する性格で、同僚の男性職員からは煙たがられている。
園山 恭子(そのやま きょうこ)
声:飯田空
聖アンスリウム女学院の図書館の司書で巧の上司。知的な容姿と物腰落ち着いた性格で巧も彼女には敬意を払っている。田村ですら私生活が分からないと謎の多い女性。

その他の人物[編集]

田村 貞治(たむら さだじ)
聖アンスリウム女学院の図書館で事務員をしており、巧の悪友。盗撮と、聖アンスリウム女学院の全女性をはじめとする気に入った女性のデータを集めることに生きがいを感じている。巧も時として彼に協力を依頼することがある。
松尾 平蔵(まつお へいぞう)
普段は駅の清掃員をしている隻眼の老人で、とある組織の幹部で「最終痴漢電車」の管理者。最終痴漢電車を探している巧に才能を見出し、組織の入会方法を教えた。前作「最終痴漢電車」で私欲に走り暴走した諸田を「処刑」するなど組織の掟には厳格だが、巧の相談に乗るなど寛大な一面も。
久坂 花梨(ひささか かりん)
プロローグで登場する最終痴漢電車のゲストで聖アンスリウム女学院に通う生徒。宴でのハードな輪姦行為を喜んで受け入れていた。
毘沙門堂 レオナ(びしゃもんどう れおな)
聖アンスリウム女学院の理事長。容姿は極上だが性格は傲慢で最悪、周りの人間もそんなレオナを心底嫌っている。恭子の事はその演技がかった態度に多少気に喰わない模様。彼女も「組織」の幹部で松尾より地位が高い。

痴漢仲間[編集]

物語が進むにつれ痴漢仲間が現れ、ステータス画面で確認できるようになる。

天野 哲雄(あまの てつお)
前作の主人公で、最終痴漢電車を発案した「伝説の痴漢」。それまで最終痴漢電車の事を忘れて故郷で暮らしていたが、瀬名柚姫に検挙された同胞の無念を晴らすべく再び痴漢の世界へと舞い戻り、柚姫を狙っているらしい。
土屋 泰治(つちや たいじ)
天野の痴漢仲間で、若い娘だけを狙う変態痴漢。片瀬姉妹を狙っている。
鷲生 輝政(わしゅう てるまさ)
「1000の技を持つ痴漢」と言われ、多彩なテクニックで数々の女性を落としているが、眼鏡ッ娘だけは嫌いで手を付けたことがない。鳴瀬由奈をマークしている。
曾良 以蔵(そら いぞう)
重度の寝取りマニアで、数々の人妻を寝取ったり妊娠させたりして家庭を崩壊させている。柳綾香に興味を抱いている。
菅原 勇作(すがわら ゆうさく)
一族全員が痴漢で悪名が高い「菅原一族」の一員で、数々の女性を実験する事から「最終痴漢博士」の異名を持つ。園山恭子を次の実験材料候補にしている。
正秀 権蔵(まさひで ごんぞう)
齢八十を越える老人にして「生涯現役」を地でいく百戦錬磨の痴漢戦士。上條真夜に亡き妻の面影を求めている。
二ノ宮 秀平(にのみや しゅうへい)
学生の身でありながら生来のスケベ根性から痴漢の道に入った若手の痴漢ルーキー。恥辱を与えた秋月美玲に復讐を誓っている。

スタッフ[編集]

  • 原画:M&M
  • シナリオ:神無月ニトロ・さんきち・もみあげルパン他

関連作品[編集]

外部リンク[編集]