最後の銃撃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
最後の銃撃
The Last Hunt
監督 リチャード・ブルックス
製作 ドア・シャリー
出演者 ロバート・テイラー
スチュワート・グレンジャー
音楽 ダニエル・アンフィシアトロフ英語版
撮影 ラッセル・ハーラン英語版
編集 ベン・ルイス英語版
製作会社 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
配給 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
公開 アメリカ合衆国の旗 1956年4月30日
日本の旗 1956年11月14日
上映時間 108分
製作国 アメリカ合衆国の旗
言語 英語
製作費 $2,121,000[1]
興行収入 $2,983,000[1]
テンプレートを表示

最後の銃撃(さいごのじゅうげき、en:The Last Hunt)は1956年に公開されたアメリカ合衆国西部劇映画。監督リチャード・ブルックス。 製作ドア・シャリ―。脚本はミルトン・ロット英語版の小説The Last Huntを元にしている。音楽ダニエル・アンフィシアトロフ英語版。撮影ラッセル・ハーラン英語版

出演ロバート・テイラースチュワート・グレンジャーロイド・ノーラン英語版デブラ・パジェットラス・タンブリン

あらすじ[編集]

1880年、かつては2000万頭いたとされるアメリカバイソンは5000頭程度に減っていた。 嘗ての名ハンター・サンディをはじめとする狩人らは野牛を追ってダコタ地方へ行く。 サンディは野牛への愛着を持っていた一方、彼らが自分の牧場を荒らすのに頭を抱えていた。 ある日、彼はチャーリイという流れ者から野牛狩りに誘われる。当初は辞退したものの、野牛の襲撃から助けてくれた恩もあり、その誘いに乗る。 その後、野牛の皮剥ぎ名人であるウッドフートや、白人社会への参加を夢見る混血児ジミーも仲間に加わる。

ある日、驢馬が先住民に盗まれたため、チャーリイは1人の女性と赤子[注釈 1]を除く全員を殺害する。その女性を皮剥ぎの助手として受け入れる。 やがて、彼らは野牛の大群を見つける。サンディはその中に先住民から神と珍重される白い個体に気づいて見逃そうとするが、チャーリイが射殺する。 元々対照的な性格の二人は衝突が絶えなかったが、ここにきてさらに悪化する。 加えて、女性がサンディを気に入っているにも関わらわらず、チャーリイは彼女を独占する。 そこへ、ジミーの幼馴染の少年が愛馬と白い毛皮の交換に来る。チャーリーは皆の反対を押し切って決闘を行い、その少年を殺す。 秋、町へ毛皮を売りに行ったサンディは引退を考えるが、女性の好意に続き、仕事を続けることにした。

野牛の移動に伴い、一行がキャンプを移転する中、チャーリイが発狂する。たまりかねていたサンディはほかの仲間たちの協力を得て女性とともにキャンプから逃げる。翌日、チャーリイはサンディを追いかける中でウッドフートを殺害する。居留地での生活が望めないと判断したサンディは女性とともに町へ逃げた後、ジミーが居留地への帰還を望んだため、いったん洞穴で夜を明かすことにした。 そこへチャーリイが追い付いたため、サンディはジミーに家畜を託してその場から避難させた後、娘とともに決闘に臨むも、吹雪のため決闘は延期となる。 その後、錯乱したチャーリイは2人を待ち伏せているうちに凍死してしまい、翌朝2人が遺体を発見するところで物語は幕を下ろす。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
東京12ch
チャーリー ロバート・テイラー 納谷悟朗
サンディ スチュワート・グレンジャー 金内吉男
ウッドフット ロイド・ノーラン英語版 大木民夫
インディアンの女 デブラ・パジェット 五月女道子
ジミー ラス・タンブリン 朝倉宏二
ペギー コンスタンス・フォード英語版 杉田郁子
不明
その他
杉田俊也
貴家堂子
高塔正康
安田隆
仁内建之
国坂伸
園田裕久
風祭修一
三田松五郎
沢りつお
肝付兼太
小林恭治
演出
翻訳
効果
調整
制作 東北新社
解説 芥川也寸志
初回放送 1970年4月16日
木曜洋画劇場

脚注[編集]

[脚注の使い方]

註釈[編集]

  1. ^ のちにこの赤子は女性と血縁関係がないことが判明する。

出典[編集]

  1. ^ a b 'The Eddie Mannix Ledger’, Margaret Herrick Library, Center for Motion Picture Study, Los Angeles