最上眞理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
最上 眞理
プロフィール
リングネーム 最上 眞理
本名 同じ
身長 160cm
体重 50kg
誕生日 (1979-12-24) 1979年12月24日(38歳)
出身地 広島県広島市
スポーツ歴 バレーボール
デビュー 1995年10月4日
引退 1996年
テンプレートを表示

最上 眞理(もがみ まり、女性、1979年12月24日 - )は、日本の元プロレスラー広島県広島市出身。

経歴・戦歴[編集]

全日本女子プロレスに平成7年組として入団。同期に納見佳容

1995年10月4日、後楽園ホールでの納見佳容戦でデビューし勝利。ルックスの良さから納見とともに全女ファンから支持された。

同年の新人王決定戦でも納見に勝利。この試合は新人王戦の中でも屈指の好勝負として語り継がれる程であった。

1996年2月12日、田村欣子が持つ全日本ジュニア王座に挑戦するも奪取ならず。

1996年3月31日の横浜アリーナ大会を前に深夜に納見とともに2人で脱走する。納見は後に戻って来て現役復帰するが、最上は戻らずそのまま引退する形になった。

タイトル[編集]

  • 平成7年度新人王

出典[編集]

  • 週刊プロレス6月22日号「全日本女子プロレスレスラーカタログ100」

関連項目[編集]

外部リンク[編集]