最上敏樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

最上 敏樹(もがみ としき、1950年10月9日 - )は、日本の法学者早稲田大学教授国際基督教大学名誉教授。専門は、国際法国際機構論。法学博士東京大学、1980年)(学位論文「欧州共同体の組織構造 -超国家的組織論再構成の試み-」)。北海道出身。

来歴[編集]

1974年東京大学法学部卒業。1980年東京大学大学院法学政治学研究科博士課程修了。国際基督教大学教授、2011年名誉教授、早大教授。1999年から2001年まで日本平和学会会長を務めた。

著作[編集]

単著[編集]

  • ユネスコの危機と世界秩序――非暴力革命としての国際機構』(東研出版、1987年)
  • 『国連システムを超えて』(岩波書店、1995年)
  • 『国際機構論』(東京大学出版会、1996年/第2版、2006年)
  • 人道的介入――正義の武力行使はあるか』(岩波書店[岩波新書]、2001年)
  • 『国連とアメリカ』(岩波書店[岩波新書]、2005年)
  • 『国境なき平和に』(みすず書房、2006年)
  • 『いま平和とは――人権と人道をめぐる9話』(岩波書店[岩波新書]、2006年)
  • 『国際立憲主義の時代』(岩波書店、2007年)

編著[編集]

  • 『岩波講座現代の法(2)国際社会と法』(岩波書店、1997年)

訳書[編集]