曽祢益

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
曾禰益から転送)
Jump to navigation Jump to search
曾禰 益
そね えき
Eki Sone.jpg
1961年頃に撮影
生年月日 1903年12月5日
出生地 東京都
没年月日 (1980-04-25) 1980年4月25日(76歳没)
出身校 東京帝国大学(現・東京大学
前職 外務省官僚
終戦連絡中央事務局部長・連絡調整中央事務局長官
所属政党日本社会党→)
右派社会党→)
(日本社会党→)
民社党
称号 正三位
勲一等旭日大綬章
永年在職議員(両院通算)
法学士
親族 父・曽禰達蔵

選挙区 神奈川県第2区
当選回数 3回
在任期間 1967年1月30日 - 1979年9月7日

選挙区 神奈川県選挙区
当選回数 3回
在任期間 1950年6月5日 - 1967年1月8日
テンプレートを表示

曾禰 益(新字体:曽祢 益、そね えき、1903年12月5日 - 1980年4月25日)は、日本官僚政治家正三位勲一等。妻は東急グループの創業者である五島慶太の長女・春子である。

来歴・人物[編集]

東京都出身。建築家曽禰達蔵の三男として誕生。東京府青山師範学校附属小、東京府立一中第一高等学校東京帝国大学法学部政治学科卒。1926年大正15年)、外務省に入り、フランス中国に駐在。

外務省政務局第一課長を経て、1945年昭和20年)の敗戦後は終戦連絡中央事務局政治部長として[1]GHQと交渉にあたるが、当時の外相吉田茂と対立し、九州に左遷される。曾禰の回想録によれば、終戦直前にも東郷茂徳外務大臣軍部を刺激しないように慎重に終戦工作を進めている最中に、吉田が「なぜ直接アメリカに講和(実質は無条件降伏)を申し入れないのか」と、応対した曾禰に怒鳴りつけたとされており、吉田との相性が悪かったようである。1947年片山内閣内閣官房次長。のち、連絡調整中央事務局長官(1948年(昭和23年)3月 - )。

1949年日本社会党に入党、翌年の第2回参議院議員通常選挙神奈川県選挙区から立候補し、初当選。1960年民主社会党(後の民社党)の結党に参加し、初代書記長に就任。1962年まで務めた。1967年衆院選神奈川2区から立候補し、代議士に転身。1970年1971年の党大会で西村栄一春日一幸両者と民社党委員長ポストを争ったが、いずれも敗れた。1979年、政界引退。

1980年昭和55年)4月25日、心不全のため死去。享年76。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 森山欽司 ─反骨のヒューマニスト─ 第一章 (PDF)”. 2007年10月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月17日閲覧。

外部リンク[編集]