曽野和明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

曽野 和明(その かずあき、1934年 - )は、日本出身の法学者国際公務員。専門は国際私法英米法北海道大学名誉教授国際連合国際商取引法委員会事務局長、国際連合法務局国際取引法部長等を歴任した。大阪府出身。

年譜[編集]

この他、東北大学名古屋大学大阪大学大阪市立大学九州大学の非常勤講師

外務省併任(外務事務官)[編集]

  • 国連国際商取引法委員会年次総会(1975年、政府代表団顧問、1979年 - 1980年、1990年(政府代表)、1991年(政府代表・議長)
  • 同委員会新国際経済秩序作業部会(1980年、政府代表・議長)
  • 国連売買条約採択外交会議(1980年、政府代表)、アジア・アフリカ法律諮問委員会総会(1976 - 1980年、政府委員代理・ラボルトゥール)

など外務的な要職をこなす

研究領域[編集]

商事法国際取引法比較法・英米法と多岐に渡るが国際物品売買契約に関する国際連合条約が特に研究対象。

著書[編集]

  • 『多国籍企業問題入門 : 既存社会科学秩序への挑戦』(青林書院新社、1978年)
  • 山手正史と共著『国際売買法〔現代法律学全集60〕』(青林書院、1993年)
  • 『国際経済社会と法 : 世界経済法制に向けての序章』(有信堂高文社、2003年)

などがある。

関連項目[編集]