曽根英二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

曽根 英二(そね えいじ、1949年 - )は、日本ジャーナリスト阪南大学教授

経歴[編集]

その他の主な受賞[編集]

  • 91年ドキュメンタリー「豊かの島のゴミ騒動」で地方の時代映像祭・大賞
  • 97年中坊公平氏と第45回菊池寛賞受賞
  • 98年「第24回放送文化基金賞」個人賞
  • 99年ドキュメンタリー「ゴミの島から民主主義」で民放連盟賞テレビ報道部門・最優秀賞など
  • 01年「第1回早稲田ジャーナリズム大賞」
  • 02年「第1回放送人の会グランプリ」

その他の主な取材[編集]

イランイラク戦争、レバノン戦争、湾岸戦争(イスラエル)など4つの戦争を取材。外国人労働者問題でバングラデシュ取材。終戦50年「ヒットラーの子供たちの国は今」取材。聾唖者窃盗裁判継続取材。95年に環境ホルモンを扱った「2つの海の物語」取材。98年に北朝鮮取材。99年に特攻の妻取材。 2007年から「限界集落」を継続取材。豊島報道ではJNN「筑紫哲也NEWS23」に15回超の特集

主なドキュメンタリー作品と受賞[編集]

  • 90年、「嫁来い」・・・・・・過疎、嫁不足の村の嫁来い作戦
  • 〇91年、「豊かの島のゴミ騒動」・・・瀬戸内の豊島に都会のゴミが(地方の時代映像祭・大賞)
  • 92年、「おっちゃんの裁判」・・・600円窃盗に問われた読み書きも手話もできない聾唖者 (地方の時代映像祭・優秀賞)
  • 93年、「音大が出ていく」・・・札束で張られた音大が去って行く小都市
  • 93年、「ふたつの海の物語」・・・瀬戸内海と米チェサピーク湾の汚染巻貝の雌にペニスや2つ頭の魚
  • 〇94年、「三たび殺られた」・・・立ち上がった豊島住民と県の責任(民放連盟賞報道部門・優秀賞 地方の時代映像祭・優秀賞)
  • 95年、「聞こえるか砂の響き」・・・瀬戸内海の海砂採取と環境破壊
  • 〇96年、「瀬戸内のドン・キホーテ」・・・豊島のリーダーがハマチ養殖廃業
  • 〇97年、「泣き寝入りさせまへん」・・・豊島を支える中坊公平弁護士(民放連盟賞教養部門・優秀賞 地方の時代映像祭・優秀賞ほか)
  • 98年、「じいちゃんになってしまう」・・・果たして裁けるのか・おっちゃんの裁判、(地方の時代映像祭・審査委員会推奨)
  • 〇99年、「ゴミの島から民主主義」・・・思い余って豊島が県議選に候補を(民放連盟賞報道部門・最優秀賞、地方の時代賞・優秀賞) 放送文化基金・ドキュメンタリー番組賞
  • 00年、「生涯被告」・・・おっちゃんに変調が(民放連盟賞報道部門・優秀賞 地方の時代賞・優秀賞)
  • 〇01年、「島の墓標」・・・知事が謝罪、されど69人が亡くなった(民放連盟賞報道部門・優秀賞 早稲田ジャーナリズム大賞)
  • 01年「思い消えず」・・・特攻の妻の思い
  • 〇02年「もがき」・・・・・豊島再生への住民のもがき
  • 〇03年「人間廃棄物か」・・・豊島再生へ住民の危機、そして中坊さんは・・
  • 06年「ワイン大国を夢見た男たち」・・・JNN共同制作・幕末の侍池田長発とワインロード
  • 07年「吾(わ)の村なれば」・・・限界集落の釜村
  • 08年「限界~吾のむらなれば」・・・先の見えぬ釜村、農民作家と牛飼い
  • 08年「田舎は宝の山」・・・都会から就農9家族
  • ○09年「上を向いて」・・・中坊さん弁護士返上と豊島の赤裸々な闘い
  • 09年「よかったな」・・・都会からパティシエらがブドウ就農
  • 09年「シェルター」・・・ホームレスら弱者の駆け込み寺
  • ○12年「安岐さんの海」・・・安岐さんが漁師に戻る
  • 14年「智さん和尚になる」・・・アメリカ人禅尼が和尚に
  • ○16年「鳥の目 虫の目 豊島」・・・ドローンで見た産業廃棄物不法投棄現場の現在、アート観光に押しよせる人びと
  • ○17年「「凪(な)がんシケはない -豊島42年の闘い」・・・不法投棄された産業廃棄物の島外撤去完了。住民42年の闘いの今

〇印は豊島ドキュメンタリー *印は聾唖者裁判ドキュメンタリー

著書[編集]

  • ゴミが降る島 香川・豊島産廃との「20年戦争」』日本経済新聞社 1999
  • 限界集落 吾の村なれば』日本経済新聞出版社 2010
  • 『生涯被告「おっちゃん」の裁判 600円が奪った19年』平凡社 2010 

共著

  • 「アラブ報道40年~13人の特派員が伝えた中東」2012年・RSK
  • 「映像が語る『地方の時代』30年」2010年・岩波書店
  • 「日本のドキュメンタリー4」2010年・岩波書店
  • 「報道が社会を変える」2005年・早大出版
  • 「職業としてのジャーナリスト」2005年・岩波書店、筑紫哲也編

参考[編集]