曽根幸一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

曽根 幸一(そね こういち、1936年12月7日 - )は日本の都市計画家建築家アーバンデザイナー。曽根幸一環境設計研究所所長。芝浦工業大学システム工学部環境システム学科名誉教授静岡県出身。息子は国際的なアーティストの曽根裕

略歴[編集]

作品[編集]

施設作品[編集]

  • 日本万国博覧会基幹施設レイアウト(1969年、大阪市)-日本建築学会特別賞
    同計画の延長として「動く歩道と7つの広場」を設計
  • 長岡市民体育館(1991年、新潟県)-日本建築士会連合会賞最優秀賞
  • 秋田県八郎潟生物資源総合開発利用センター(1988年、秋田県
  • 秋田市健康センター(1985年、秋田県
  • 高崎市東貝沢団地(1985年、群馬県
  • 水戸桜ヶ丘アパート(1984年、茨城県
  • 長野真島団地(長野県、1984年)
  • 湖畔のアトリエ(山梨県、1974年)
  • 西方1丁目団地(東京都、1989年)
  • 赤村ふるさとセンター(福岡県、1999年)
  • 下館ゴルフ倶楽部・クラブハウス(茨城県、1996年)
  • 東京臨海新交通ゆりかもめ駅舎(東京都、1995年)
  • 川崎市幸老人福祉センター(神奈川県、1994年)
  • 稲城市体育館(東京都、1993年)
  • 江守画廊内装(東京都、1991年)
  • 目黒コーポラティブハウス・セルズ(東京都、2003年)
  • 多摩市立複合文化施設(パルテノン多摩)(1992年、多摩市)-公共建築賞優秀賞
  • 幕張ベイタウン・セントラルパーク託児所(千葉県、2001年)
  • 幕張ベイタウン パティオス11番街(1997年、千葉市)- BCS賞
  • 幕張ベイタウン・パティオス(1999年、千葉市)- グッドデザイン賞・アーバンデザイン賞
  • 幕張ベイタウン・マリーンデッキ(2002年、千葉市)- グッドデザイン賞
  • 富山県総合運動公園全体計画、同陸上競技場(1993-2000年、富山市
  • いわて県民情報交流センター アイーナ(2000-2005年、岩手県


都市デザインの観点から建築を捉える姿勢をとっている。建築を都市・環境のファブリックの一部と考えることから、建築の設計のみでなく、土木・造園・ID・アートなど他領域とのコラボレーションやマネージメントそのものを業務とする場合もある。