曽川泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

曽川 泉(そがわ いずみ、1944年5月1日 - 2014年1月13日)は、日本政治家。元宮崎県東臼杵郡門川町長(1期)。

来歴[編集]

宮崎県立富島高等学校卒業。中央大学法学部卒業。1973年、旭化成に入社。札幌支店長・福岡支社長・ヘルスケア製品部長などを歴任。2004年退職。

2006年4月の門川町長選で現職の米良成志を破り当選。民間出身者として町政改革を行う。

2010年4月の町長選挙で2期目の当選を狙うが、元門川町議会議長の安田修に400票差あまりで敗れる。

2014年1月13日、病気のため死去、69歳。[1]

脚注[編集]

  1. ^ 訃報:曽川泉さん 69歳=前門川町長 /宮崎 毎日新聞 2014年1月15日