曽小川久貴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

曽小川 久貴(そおかわ ひさたか、1947年(昭和22年)10月21日[1] - )は、日本の建設官僚国土交通省下水道部長、日本下水道事業団理事長、日本下水道協会理事長を歴任。宮崎県出身[1]

略歴[編集]

  • 1971年(昭和46年)3月:東京工業大学工学部卒業
  • 1971年(昭和46年)4月:建設省入省
  • 1993年(平成5年)7月:日本下水道事業団計画部上席調査役
  • 1994年(平成6年)4月:建設省都市局下水道部下水道企画課下水道事業調整官
  • 1997年(平成9年)4月:中国地方建設局河川部長
  • 1999年(平成11年)4月:建設省都市局下水道部公共下水道課長
  • 2000年(平成12年)6月:建設省都市局下水道部長
  • 2001年(平成13年)1月:国土交通省都市・地域整備局下水道部長
  • 2003年(平成15年)10月:財団法人下水道新技術推進機構専務理事
  • 2005年(平成17年)7月:日本下水道事業団理事(事業統括担当)
  • 2008年(平成20年)7月:日本下水道事業団副理事長
  • 2009年(平成21年)7月:日本下水道事業団理事長[2]
  • 2012年(平成24年):公益社団法人日本下水道協会理事長[3]
  • 2017年(平成29年)11月:瑞宝中綬章を受章。

脚注[編集]

  1. ^ a b 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.193
  2. ^ 「JS日本下水道事業団理事長に曽小川氏/東京都下水道局局長に松田氏」日本下水道新聞2009年07月01日
  3. ^ 「公益社団法人日本下水道協会の新組織・体制がスタート」日本下水道新聞2013年05月08日