チョ奉岩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
曺奉岩から転送)
移動先: 案内検索
本来の表記は「曺奉岩」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
曺 奉岩
1956년 조봉암.jpg
各種表記
ハングル 조봉암
漢字 曺奉岩
発音: チョ・ボンアム
ローマ字 Jo Bongam
テンプレートを表示

曺 奉岩チョ・ボンアム/そうほうがん 1894年9月25日 - 1959年7月31日)は、朝鮮の独立運動家、のちに韓国政治家。号は竹山。社会民主主義者で、第一共和国時代における革新政党である進歩党委員長を務めた。名字の「チョ」は真ん中の字が曲「曹」ではなく由「曺」。

経歴[編集]

京畿道江華郡(現在の仁川広域市)出身。農業補習学校を卒業し郡庁の職員として働くが、三・一独立運動に参加して投獄される。釈放後の1921年日本留学し、中央大学で一年間政治学を学び、朴烈らと共に在日朝鮮人による社会主義団体「黒濤会」を結成した。帰国後、朴憲永と共に朝鮮日報記者を勤めながら新興青年同盟火曜会などで活動。

1925年朝鮮共産党結成に参加し、中国や朝鮮で独立運動に身を捧げた。コミンテルンなどでの活動経験ももつ。

解放後は左翼の立場で運動していたが、1946年6月米軍に拘束されると反共の姿勢を鮮明にする。1948年5月10日に南朝鮮単独で行われた制憲議会議員選挙に立候補して当選。選挙後の8月2日には李承晩大統領によって農林部長官に任命されている(翌1949年2月22日まで在任)。その後1950年、第2代国会副議長に選出され、1952年に行なわれた大統領選挙に立候補するが落選。続く、1956年大統領選挙では、前回より3倍近い得票を獲得し善戦した。そして、同年11月10日に進歩主義勢力を集合した進歩党を結成し、平和統一をスローガンに李承晩政権に敢然と挑戦するようになった。

これに脅威を感じた李承晩は、第4代国会議員選挙を前にした1958年1月北朝鮮から選挙資金を受け取っていたとして国家保安法違反容疑で曺奉岩を逮捕し、翌年7月に処刑した(進歩党事件)。民主党など保守野党も、進歩党を危険視しており、曺奉岩の処刑が政治問題化されることはなかった。当時の韓国の政治評論家は、「最初から赤化統一を公言すればよかったのだ。平和統一などとグレーゾーンを主張するから疑惑を招いたのだ」と酷評した。

死後[編集]

曺奉岩が処刑されてから半世紀近くが経過し、民主化の進展や南北関係の改善などによって、平和統一論など彼の政治路線を再評価する動きが進んでいる。

過去史委員会による勧告[編集]

2007年9月、大統領直属の機関である“真実・和解のための過去史整理委員会”は、曺奉岩の遺族への謝罪と独立有功者の認定を政府に対して勧告した。また、彼の出身地である仁川市江華郡では、銅像建立など彼を再評価する動きが始まっている[1]。そして、2010年10月29日、大法院は法院行政処長を除く最高裁判事全員による全員合議体(以下合議体)を行い、曺奉岩に対する再審を開始することを決定した[2]。再審の理由として合議体は「違法な捜査により起訴された」されたことをあげ、合わせて「陸軍特務隊が軍人・軍属でもない一般人である曺奉岩を被疑者として捜査する権限がないにもかかわらず、尋問を行った行為は職権乱用に該当し違法である」との見方も示した[3]

再審開始、そして無罪判決[編集]

2011年1月20日、大法院合議体は再審公判で、進歩党の綱領やスパイ容疑など、52年前の大法院法廷で自分たちが有罪と判断した部分を全て覆し、大法院判事13名全員一致で、曺奉岩に無罪判決を言い渡した[4]。大法院は判決の中で「進歩党は社会民主主義を標榜し、資本主義経済の副作用点や矛盾点を指摘し、改善していこうとしたにすぎず、内乱を目的に結成されたとは考えられない。被告人に国家保安法違反を適用した判決はこれ以上維持できない」と述べ、また「北朝鮮の指令を受けスパイ行為をしたと判断できる証拠がない」として、曺奉岩に死刑判決が下される根拠となった容疑について否定した[5]

脚注[編集]

  1. ^ 江華、曺奉岩再照明運動活気 生家敷地復元、銅像建立募金など推進 - 2007年10月14日付ハンギョレ(韓国語)
  2. ^ チョ・ボンアム事件:最高裁が再審を決定-2010年10月30日11時41分配信朝鮮日報日本語版(無料公開期限は記事の配信から一週間)
  3. ^ 대법조봉암 사건재심 결정(大法院‘曺奉岩事件’再審決定)-2010年10月29日午後11時15分配信ハンギョレ
  4. ^ 사법살인에 희생조봉암 무죄(司法殺人の犠牲 曺奉岩無罪)-2011年1月20日午後7:51配信ハンギョレ
  5. ^ チョ・ボンアム事件:処刑から52年ぶりに無罪判決 大法院「内乱を目的に結成されたとは考えられず」-朝鮮日報日本語版 2011年1月21日13:59記事入力(無料公開期限は記事入力から1週間)

外部リンク[編集]

公職
先代:
(創設)
韓国の旗 大韓民国農林部長官
初代:1948 - 1949
次代:
李宗鉉 (ko)