更埴ジャンクション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
更埴ジャンクション
上信越道下り線の更埴JCTの標識(矢印が直線状ではなく、カーブを描いている)
上信越道下り線の更埴JCTの標識
(矢印が直線状ではなく、カーブを描いている)
所属路線 E18 上信越自動車道
IC番号 12
起点からの距離 119.1km(藤岡JCT起点)
(4.1km) 松代PA
所属路線 E19 長野自動車道
起点からの距離 75.8km(岡谷JCT起点)
更埴IC (0.9km)
供用開始日 1993年3月25日
通行台数 x台/日
所在地 387-0001
長野県千曲市雨宮
テンプレートを表示

更埴ジャンクション(こうしょくジャンクション)は、長野県千曲市にある長野自動車道上信越自動車道ジャンクションである。ジャンクション名の更埴は、所在地の開通時の旧市名「更埴市」からきている。

概要[編集]

構造上は長野自動車道と上信越自動車道上越方面が本線で、上信越道藤岡方面が分岐している。

分岐案内標識は、上信越道上越方面を「北陸道方面」、上信越道藤岡方面を「関越道方面」、長野道方面を「中央道方面」と表記している。

事故の増加[編集]

2005年に入ってから、上信越道藤岡方面から上越方面へ繋がるランプ高架橋での事故が度々発生し、車両や積荷の転落に至る事故も起きるなど問題となっていた[1]

このため防護柵を強化したり、1車線化して減速を促すなどの対策が実施された[2]

歴史[編集]

接続する路線[編集]

佐久・藤岡・関越道方面/長野・上越・北陸道方面[編集]

松本・岡谷・中央道方面[編集]

[編集]

E18 上信越自動車道
(11)坂城IC - 千曲川さかきPA - (12)更埴JCT - 松代PA - (13)長野IC
E19 長野自動車道
(7)更埴IC - (12)更埴JCT

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 魔のランプウェイで今年26回目の事故”. Response. (2006年8月30日). 2016年7月4日閲覧。
  2. ^ 上信越道・更埴ジャンクションにおいて交通安全対策を実施します”. 東日本高速道路 関東支社 (2006年8月28日). 2012年10月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年5月23日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]