暴君ハバネロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Bokun Habanero.jpg

暴君ハバネロ(ぼうくんハバネロ)は、東ハトが発売しているスナック菓子

概要[編集]

発売当時、世界一辛いトウガラシとしてギネス世界記録で認定されたことのあるトウガラシハバネロを使用している。2003年に東ハト経営破綻からの再起をかけた商品のひとつで、2003年11月の発売から2004年6月までの間に累計2000万袋を出荷した。これにより激辛ブームが再燃し、のちに他社からもハバネロを用いた商品が多数発売された。

商品名は、原材料であるトウガラシ属の植物「ハバネロ」と、ローマ帝国第5代皇帝で暴君として悪名高いネロ(暴君ネロ)を合わせた駄洒落。パッケージデザインには東ハトCBOで元プロサッカー選手中田英寿が関わっている。

同社の他商品と同様、キャラクター性を強く打ち出した商品となっており、キャラクターの経歴や性格まで設定されている。雑誌の広告漫画では他商品のキャラクターと共演している。2005年にはキャラ博に出展した。

近年の商品は、辛みが大幅に抑えられている。辛さを支持する消費者の期待にこたえるべく、リニューアルを重ねてどんどん辛さを増していったところ、それに反比例するかのように売り上げは減少していき、「ある程度の辛さを好む人は多くても、『激辛』を求める層はさほどボリュームが大きくないのではないかということに気付いた」ことにより、2011年に発売当初の辛さに戻している[1]

2004年以降、スコヴィアワードに連続入賞している。

姉妹品[編集]

姉妹品として「暴君ハバネロ」と銘打つ多くの派生商品がある。また、花椒を使用した「麻辣仙人」(マーラーせんにん)が販売されていた。

2007年、新たにギネス世界記録で世界一辛いトウガラシと認定されたジョロキア種トウガラシのペーストを使用した「大魔王ジョロキア」が発売された。「魔王ジョロキア」には「新・世界一(辛い)トウガラシ」の副題があり、かつて「世界一(辛い)トウガラシ」の副題であった暴君ハバネロは「伝説のトウガラシ」と改められている。

商品一覧[編集]

  • 2003年11月17日:暴君ハバネロ
  • 2004年4月19日:モビ ハーシュポテト・暴君仕立て
  • 2004年7月12日:モビ ハバネロの種・暴君仕立て
  • 2004年9月6日:サッポロ一番 暴君ハバネロ激辛焼そば(サンヨー食品との提携)
  • 2004年11月15日:暴君ベビネロ、麻辣仙人
  • 2005年3月28日:麻辣黒仙人
  • 2005年4月16日:暴君ハバネロ辛さ1.5倍(セブン-イレブン限定発売)
  • 2005年4月25日:暴君ハバネロ・ザク割り固め
  • 2005年11月14日:暴君ハバネロ、暴君ベビネロ リニューアル
  • 2006年5月22日:暴君ハバネロ 〜メキシコ荒野篇〜
  • 2006年6月12日:とりあえずから揚げ・暴君ハバネロ仕立て
  • 2006年7月3日:暴君ハバネロ&ピーナッツ隊長
  • 2006年7月10日:黒糖アイス 暴君ハバネロ仕立て(フォーモスト ブルーシールとの提携)
  • 2006年9月4日:暴君ハバネロ 〜魅惑のインド篇〜
  • 2006年11月13日:暴君ハバネロ 〜ガーナ秘境篇〜、暴君ハバネロ 炎のチップス
  • 2007年2月26日:暴君ハバネロ 〜禁断のタイ篇〜、暴君ハバネロ リニューアル(新型リングを採用)
  • 2007年4月2日:暴君ハバネロ4連包
  • 2007年5月28日:超暴君ハバネロ 辛さ1.5倍(コンビニエンスストア限定)
  • 2007年6月18日:暴君ハバネロ ザ・チップス ガーリック
  • 2007年10月29日:超暴君ハバネロ 辛さ2.0倍、大魔王ジョロキア
  • 2007年11月6日:暴君ハバネロの(旨)[2]スープ(サントリーとの提携)
  • 2007年11月19日:暴君ハバネロ〜メキシコ母国篇〜
  • 2007年11月20日:暴君ハバネロ激辛ラーメン(サンヨー食品との提携、デイリーヤマザキ限定発売)
  • 2008年1月21日:暴君ハバネロ リニューアル、魔王ジョロキア
  • 2008年4月14日:暴君ハバネロ のりわさび味、魔王ジョロキア チリサルサ味
  • 2008年4月21日:超暴君ハバネロ&荒くれ勇者ロコト ロコトレジェーノ味、大魔王ジョロキア&鬼姫プリッキーヌ トムヤムクン味(コンビニエンスストア限定)
  • 2008年8月1日:超暴君ハバネロ ヒヤヒヤの夏、大魔王ジョロキア シュワシュワの夏(コンビニエンスストア限定)
  • 2008年9月29日:暴君ハバネロ・悪夢のハロウィン
  • 2009年2月1日:暴君ハバネロ・チョコ貴族(コンビニエンスストア限定・バレンタインデー企画)
  • 2013年9月23日:株式会社東ハトは、ウマ辛スナック「帰ってきた暴君ハバネロ・ウマ盛」を全国コンビニルート限定にて、リニューアル新発売
  • 2015年9月17日:暴君ジャパネロ・うまからわさび仕立て(全国コンビニルート先行発売。スーパーマーケット等の全国一般ルートは同年10月5日順次発売)
  • 2015年10月5日:暴君ひたぎ(〈物語〉シリーズコラボ商品・セブン-イレブン限定発売)
  • 2016年2月29日:暴君ハバネロ 229、ウマ辛ガーリック味(4年に1度のにんにく祭り)

世界の名物を取り込んだ世界征服篇は期間限定商品である。

イベント[編集]

関連商品[編集]

漫画[編集]

暴君ハバネロを題材にした4コマ漫画『暴君ハバネロ ウマカラ4コマ』が2006年9月号から「小学五年生」(小学館)で連載された[5]。連載は2010年3月号まで続き、「小学六年生」でも連載、「小学四年生」では2010年4月号から2011年3月号まで連載された。

2007年1月16日に創刊されたコミック・ガンボには創刊号から第46号まで東ハトの商品が総登場する『あま〜い話vsから〜いハナシ[6]』という漫画広告が掲載されていた。全30話。

脚注[編集]

  1. ^ “激辛食品マイルド化 メーカーが語る驚愕の真相とは”. 日経クロストレンド. (2018年7月20日). https://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pickup/15/1008498/071001367/ 2019年3月6日閲覧。 
  2. ^ ○の中に「旨」が入っている
  3. ^ megatoy”. メガハウス. 2007年3月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月29日閲覧。
  4. ^ 暴君ハバネロ味ふりかけ”. ニチフリ食品. 2022年2月9日閲覧。
  5. ^ 暴君ハバネロ特区 「暴君ハバネロ」漫画連載決定?!” (2006年8月2日). 2009年2月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月6日閲覧。
  6. ^ 東ハトの公式サイトにも掲載された。株式会社 東ハト/スナックガンボ”. 東ハト. 2017年8月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月29日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]