景宗 (遼)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
景宗 耶律明扆
第5代皇帝
王朝
在位期間 969年3月13日 - 982年10月13日
姓・諱 耶律明扆
劉賢(漢名)
賢寧
諡号 孝成皇帝
孝成康靖皇帝
廟号 景宗
生年 天禄2年7月25日
948年9月1日[1]
没年 乾亨4年9月24日
982年10月13日
世宗
懐節蕭皇后
后妃 睿智蕭皇后
陵墓 乾陵
年号 保寧 : 969年 - 979年
乾亨 : 979年 - 982年
※尊号は天賛皇帝

景宗(けいそう)は、の第5代皇帝明扆

生涯[編集]

第3代皇帝世宗の次男。応暦19年(969年)、第4代皇帝であった穆宗が暗殺されると、その後継者として重臣たちに擁されて即位した。北宋に対抗するために、北漢と同盟を結んだ。乾亨4年(982年)、雲州(現在の山西省大同市)で崩御した。享年34。

宗室[編集]

后妃[編集]

[編集]

  • 耶律文殊奴(隆緒、聖宗
  • 耶律普賢奴(隆慶、秦晋王、皇太弟)
  • 耶律普徳奴(隆裕、斉王)
  • 耶律薬師奴(早逝)

[編集]

  • 耶律観音女(秦晋国大長公主、蕭継先の妻)
  • 耶律長寿女(衛国公主、蕭排押の妻)
  • 耶律延寿女(越国公主、蕭恒徳の妻)
  • 耶律淑哥(盧俊の妻)

脚注[編集]

  1. ^ 遼史』世宗本紀に、「天禄二年秋七月壬申、皇子賢生」との記述がある。ユリウス暦で換算すると948年9月1日となる。
先代:
穆宗
契丹/の第5代皇帝
927年 - 947年
次代:
聖宗