景哀王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

景哀王(けいあいおう、? - 927年)は新羅第55代国王(在位:924年 - 927年)。姓は朴、は魏膺。神徳王の子、景明王の同腹の弟。

924年に即位したが、既に新羅は「じり貧」の状態であり、高麗後百済の勢力に挟まれて領土は削られる一方であった。景哀王は、高麗と同盟を結び勢力回復を目指した。

しかし、927年に鮑石亭で宴会をしている最中に、後百済甄萱に首都の金城を奇襲され、甄萱の兵は宮城で略奪を行い、景哀王は拉致された上で自殺させられた。 [1]

その後、敬順王甄萱に擁立されて即位した[2]が、数年後に高麗に降伏し、新羅は滅んだ。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 三国史記』卷十二 新羅本紀 第十二「以冬十一月 掩入王京 王與妃嬪宗戚 遊鮑[12]石亭宴娯 不覺賊兵至 倉猝不知所爲 王與妃奔入後宮」
  2. ^ 三国史記』卷十二 新羅本紀 第十二「乃立王之族弟 權知國事 是爲敬順王」

参考文献[編集]