普通分配金

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

普通分配金(ふつうぶんぱいきん)とは、投資信託の分配金の区分の1つ。分配金落ち後の基準価額が、受益者の1口当たりの個別元本と同額かまたは上回っている場合には、当該収益分配金の全額が普通分配金となる。普通分配金は、非課税扱いとなる特別分配金とは異なり、課税される。