普久原朝喜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

普久原 朝喜(ふくはら ちょうき、1903年12月30日 - 1981年10月20日)は、沖縄県出身の音楽家実業家マルフクレコード創業者[1]。「琉球民謡の祖」、「琉球民謡の最高峰に立つ巨人」[2]、「沖縄新民謡の父」などと称される[3]。沖縄関係者の間では、「チコンキーフクバル(蓄音器・普久原)」とも通称された[2]

経歴[編集]

普久原は、当時の越来村照屋(現在の沖縄市照屋で、父朝儀、母カメの長男、第2子として生まれ、やがてきょうだいは男4人、女5人の9人となった[2]

地元では、青年期から三線奏者として知られていた[2]

1923年に出稼ぎで、大阪市の紡績工場で働き始め[2]、やがて自営に転じ、喫茶店「きっちゃてん」の経営などにあたった[4]

1925年大阪で日東蓄音器の「ツバメ印」レーベルに初めての吹き込みをおこない、「ハンタ原」と「宮古ンニー小」を録音した[2]

1927年に、大阪市マルフクレコードを創業し、琉球民謡を中心にレコード制作や、新曲の作詞・作曲を手がけ[1]、自らも演奏しながら[4]多嘉良朝成仲泊兼蒲らの録音を残した[5]。レコードの販売も自ら手がけ、自転車の荷台に蓄音器を置いてレコードを聴かせながら行商したことから、関西の沖縄出身者たちから「チコンキーフクバル」と称されるようになった[4]

千葉真一主演時代劇柳生一族の陰謀』では、1979年3月27日に放送された第26話「幽霊船と消えた三十人」で出演者の舞踊振付をしている。

遺されたもの[編集]

普久原の興したマルフクレコードは、養子であり、後に「芭蕉布」などの作曲者として成功した普久原恒勇[2]に引き継がれ、戦後は沖縄に拠点を移して存続した。普久原恒勇は、養父・朝喜について、「オヤジの新民謡も、三線も素晴らしい。でもオヤジは、音楽よりも事業が大事だった。」と、その経営者としての一面について証言している[3]

遺品の一部である蓄音機、三線、レコードなどは、大阪人権博物館に展示されている[4]

生誕90周年となった1993年には、「近代琉球民謡之祖」と刻まれた[4]普久原朝喜顕彰碑が[2]沖縄こどもの国の入口近くに建てられた[6]

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b 「普久原朝喜 (ふくはら・ちょうき)」『最新版 沖縄コンパクト事典』 琉球新報社、2003年2014年4月9日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h 沖縄市 (2007年12月). “特集 民謡が息づく音楽のまち 沖縄をこよなく愛した男 チコンキーふくばる”. 広報おきなわ (沖縄市) (402): p. 5. http://www.city.okinawa.okinawa.jp/site/view/contview.jsp?cateid=45&id=4452&page=1 2014年4月9日閲覧。 
  3. ^ a b 長井好弘 (2001年6月24日). “[うた物語]名曲を訪ねて 芭蕉布=上 新しい沖縄の歌、創作”. 読売新聞・東京朝刊2部: p. 4  - ヨミダス歴史館にて閲覧
  4. ^ a b c d e “きょうのテーマは大阪発沖縄音楽/その2 普久原朝喜”. 毎日新聞・大阪夕刊: p. 3. (1997年7月16日)  - 毎索にて閲覧
  5. ^ 篠崎弘 (2007年8月17日). “沖縄の芸能を後世に 「マルフクレコード」80年の歩みCD全集化”. 朝日新聞・夕刊be金曜: p. 5  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  6. ^ 沖縄市 (2010年1月). “こどもの国に五十万円寄付 玉城流玉扇会矢上関西支部代表”. 広報おきなわ (沖縄市) (427): p. 5. http://www02.bbc.city.okinawa.okinawa.jp/kouhou/H22/01/1501.html 2014年4月9日閲覧。