萬松園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
晩松園から転送)
Jump to navigation Jump to search

萬松園(ばんしょうえん)とは、岐阜県各務原市鵜沼宝積寺町にある旧川上貞奴別荘のことである。鉄瓦で葺かれた屋根や凝った内部装飾などが、ほぼ創建当初の姿で保存されている。国の登録有形文化財に登録されていた(2006年〈平成18年〉3月登録、2010年7月抹消)。

現在は愛知県の会社経営者が所有し、民間企業に貸して結婚式場となっている[1]

概要[編集]

日本初の女優として知られる貞奴(本名 小山貞)が女優引退後の1933年(昭和8年) 自らの菩提寺として建立した貞照寺の門前に建設した別荘で、木曽川に面し茶室を備えた広大な庭を持つ敷地面積1,500坪、建坪150坪、一部二階建て25-26室のモダンな数奇屋造りの建物である。

南部鉄器の瓦で葺かれた数奇屋風建物、洋風サロンルーム、萱葺き民家風の建物などが一体となって別荘の外観を構成しており、建物の保存状態も良く、内部の壁、装飾品などがほとんど当時のまま残されている。

建物の内部に入ると「桐の間」と呼ばれる客室があり、床は上段床、華頭窓は道成寺の鐘形。襖には豊州画伯の木曽の山水画が描かれている。

貞奴の亡くなる前年(1945年)に個人に売却され、その後は都築紡績(現・KBツヅキ)の所有となり、約70年間一般公開されることなく、同社の保養所として使用されてきたが倒産による工場の閉鎖に伴い2004年(平成16年)に現在の所有者に売却された。

所在地[編集]

  • 岐阜県各務原市鵜沼宝積町3-82-2

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 貞奴の別荘『“萬”松園』だった 各務原市、『晩』看板を修正へ  2016年12月6日付中日新聞朝刊。(長期間にわたり誤って、『晩松園』とされていた。)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]