晩春 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
晩春
Late Spring
Late Spring Japanese Poster.jpg
映画のオリジナルポスター
監督 小津安二郎
脚本 野田高梧
小津安二郎
原作 広津和郎
製作 山本武
出演者 原節子
笠智衆
月丘夢路
音楽 伊藤宣二
撮影 厚田雄春
編集 浜村義康
配給 松竹
公開 日本の旗 1949年9月13日
上映時間 108分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

晩春』(ばんしゅん)は、1949年昭和24年)に公開された小津安二郎監督の日本映画

1949年度の「キネマ旬報ベスト・テン」の日本映画部門で1位に輝いている。日本国外でも非常に高い評価を得ており、英国映画協会(BFI)選定の2012年版「批評家が選ぶ史上最高の映画トップ50」で15位に輝いている。

解説[編集]

紀子役の原節子とその父親役の笠智衆

娘の結婚を巡るホームドラマを小津が初めて描いた作品であり、その後の小津作品のスタイルを決定した。小津が原節子と初めてコンビを組んだ作品でもある。なお、本作および後年の『麦秋』(1951年)、『東京物語』(1953年)で原節子が演じたヒロインはすべて「紀子」という名前であり、この3作品をまとめて「紀子三部作」と呼ぶこともある。

原作は、作家の広津和郎熱海に滞在中に書いた小説『父と娘』である。小津は本作以前にもホームドラマを数多く手掛けているが、結婚する娘と父の関係を淡々とした日常の中に描いたのは、本作が初となる。戦後2作目となる前作『風の中の牝雞』(1948年)では、戦後の荒廃した世相を夫婦の危機に反映させた意欲作だったにもかかわらず観客の拒絶にあい、失敗作と認めざるを得なかった小津にとって、一転して娘の結婚をめぐるホームドラマという普遍的な題材は興味を引くものだった。

監督を承諾した小津は、『箱入娘』(1935年)以来14年ぶりにコンビを組む野田高梧と約1年をかけて脚本を執筆し、映画化にのぞんだ。野田とのコンビによる約1年間の脚本共同執筆は、以後、小津の遺作となる『秋刀魚の味』(1962年)まで続くこととなるが、同時に、原節子とのコンビ、笠智衆演じる初老の父親が娘を嫁にやる悲哀など、いわゆる小津映画のスタイルも、すべて本作で初めて確立された。また、ローアングルで切り返す独特な人物ショットの反復や、空舞台と呼ばれる風景カットの挿入などの映像スタイルは、必ずしも本作で初めて採用されたものではないが、以後遺作まで反復される娘の結婚というドラマと連動することによって、その説話的主題を明確にする映像スタイルとして機能することになる。

占領下の日本において、鎌倉京都の日本的な風景や舞台などの日本文化をフィルムに焼きつけ、その中で描かれる余分な要素を一切排除した結婚ドラマは、公開当時、そこに日本的なものの復権を感じ取る観客層と、戦後の現実からの逃避とみなす観客層の二つに分かれ、評価は賛否両論となった。しかし、あえて普遍的な人間ドラマをありのままに描こうとする小津の姿勢は、後にテレビ時代に入って本格化するホームドラマの製作スタイルに多大な影響を与えることとなった。一方、映画で語られる人間の感情を描ききるためには映画文法を踏み外すことも辞さない小津の姿勢や、感情を映像化しようとするスタイルは、後に世界中の映画評論家やファンの議論の的となり、小津作品の中でも今なお最も語られることの多い一本である。

本作は、リンゴの皮を剥いていた父親がうなだれるシーンで終わるが、当初小津は父親役の笠智衆に「皮を剥き終えたら慟哭するように」と指示を出していた。大仰な演技を嫌っていた小津からそのような要求を受けたことに驚いた笠は「それはできない」と答え、小津も無理にやらせようとはしなかったため変更になった。小津の指示通りに演技をしていた笠が、唯一小津に異を唱えたのがこのシーンである。笠は後に、小津自身も迷っていたのかもしれず、また自分にそういう演技はできないことを小津も分かっていだのだろうとした上で「できるできないは別にして、とにかくやってみるべきだった。監督に言われたことはどんなことでもやるのが俳優の仕事」と語っている[1]

劇中の能の演目は小津が能楽師金春惣右衛門に相談し、本作が恋物語であることから、金春が『杜若』を提案し、採用された。『杜若』はカキツバタの精の話で、『伊勢物語』第九段に出てくる在原業平のカキツバタの和歌(遠く都に置いてきた妻を想う歌)を下敷きにしたもの。クレジットには「杜若 戀之舞」とあるが、「戀之舞」の部分は編集時にカットされた。シテを演じているのは梅若万三郎

あらすじ[編集]

早くに妻を亡くし、それ以来娘の紀子に面倒をかけてきた大学教授の曾宮周吉は、紀子が婚期を逃しつつあることが気がかりでならない。周吉は、妹のマサが持ってきた茶道の師匠・三輪秋子との再婚話を受け入れると嘘をついて、紀子に結婚を決意させようとするが、男が後妻を娶ることに不潔さを感じていた紀子は、父への嫌悪と別れの予感にショックを受けてしまう。マサの持ってきた縁談を承諾した紀子は、周吉と京都旅行に出かけ再度心が揺れるが、周吉に説得されて結婚を決意する。紀子が嫁いだ晩、一人家に残る心を決めた周吉は、人知れず孤独の涙を流す。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督 - 小津安二郎
  • 原作 - 廣津和郎「父と娘」より
  • 脚本 - 野田高梧、小津安二郎
  • 撮影 - 厚田雄春
  • 製作 - 山本武
  • 美術 - 浜田辰雄
  • 調音 - 妹尾芳三郎
  • 録音 - 佐々木秀孝
  • 照明 - 磯野春雄
  • 編集 - 浜村義康
  • 音楽 - 伊藤宣二
  • 装置 - 山本金太郎
  • 装飾 - 小牧基胤
  • 衣裳 - 鈴木文次郎
  • 現像 - 林龍次
  • 焼付 - 中村興一
  • 進行担当 - 渡辺大
  • 監督助手 - 山本浩三、塚本粧吉、田代幸蔵、斎藤武市
  • 撮影助手 - 井上晴二、川又昂、老川元薫、舎川芳次、松田武生
  • 美術助手 - 熊谷正男
  • 調音助手 - 堀義臣、末松光次郎、佐藤廣文、大藤亮
  • 照明助手 - 鈴木茂男、青松明
  • 装置助手 - 佐須角三
  • 結髪 - 佐久間とく
  • 装飾助手 - 山崎鉄治、相原誠
  • 床山 - 吉沢金太郎、柿沢久栄
  • 工作 - 三井定義
  • 擬音 - 斎藤六三郎
  • 編集助手 - 羽太みきよ
  • 演技事務 - 八木政雄
  • 撮影事務 - 田尻丈夫

作品データ[編集]

  • 製作:松竹大船撮影所
  • フォーマット:白黒 スタンダードサイズ (1.37:1)、モノラル
  • 初回興行:国際劇場
  • 同時上映:

評価・批評[編集]

本作をめぐる論争の中に「壺のカット論争」がある。これは、終盤近くの京都の旅館のシーンにおいて、父親と娘が枕を並べて眠っていると、床の間に置かれた壺が一瞬写り込むカットの意味をめぐるものである。アメリカの映画監督ポール・シュレイダーは、これを父と別れなければならない娘の心情を象徴する「物のあわれ」の風情であると評している。また映画評論家のドナルド・リチーは、壺を見ているのは娘であり、壺を見つめる娘の視線に結婚の決意が隠されていると分析する。一方、この二人に対して異議を唱えているのが、『監督 小津安二郎』で小津映画の評価に新しい方向性を投げかけた蓮實重彦である。蓮實は、まず小津映画において、父子とはいえ性別の異なる男女が枕を並べて眠っていること自体が例外的であり、またすべてを白昼の光の中に鮮明な輪郭を持って描いてきた小津が、月光によって逆光のシルエットになっている壺を描いたことも例外であるとする。そして蓮實は、それらから父と娘の間に横たわる見えない性的なイメージを読み取ろうとしている。娘が父に対して性的コンプレックス(エレクトラコンプレックス)を抱いているのではないかという憶測を最初に投げかけたのは、映画評論家の岩崎昶である。岩崎は壺の意味については言及していないが、『キネマ旬報別冊 小津安二郎・人と芸術』(1964年)の中で、父娘の会話が旅館の寝床の上で交わされていることに注目し、父に対して性的コンプレックスを抱いていた娘が、この旅館のシーンを転機に父から性的に解放される名シーンであると論じている。

一方で、これらの推測は、娘が壺を見ているという前提があるからこそ成立するものであるが、編集されたフィルムを見る限り、娘は壺を見ていないとする反論もあり、性的か否か、壺を見ているか否かという論争は、今もなお決着がついていない。小津生誕100年を記念して2003年に国際シンポジウムが東京で開催された際、出席者のひとりだったポルトガルの映画監督マノエル・デ・オリヴェイラがこの問題について明確に「父子相姦」と言及して、議論を巻き起こした。なお、杉村春子はこのようなカットを撮影する際に、小津から「気持ちを残したように演技してください」と注文を受けたと語っている[2]

リメイク[編集]

2003年に小津安二郎生誕100年を記念して『娘の結婚』というタイトルでリメイクされ、WOWOWドラマW第7弾として放送された。監督は市川崑で、長塚京三鈴木京香が主演した。時代を現代に置き換えるなど、大幅な改変がなされている。2006年には日本テレビDRAMA COMPLEX枠で地上波放送された。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 笠智衆『大船日記 小津安二郎先生の思い出』扶桑社、1991年、67-68ページ。
  2. ^ 井上和男「解説 私的小津論」、『小津安二郎全集』新書館、2003年。

外部リンク[編集]