時計 (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
時計〜El reloj~
ロス・トレス・カバジェロスのラテン曲
リリース 1957年
ジャンル ボレロ
作曲者 ロベルト・カントラル

時計」(とけい、スペイン語: El reloj)は、ボレロのスタイルによるの楽曲である。メキシコの作曲家であり歌手でもあるロベルト・カントラルスペイン語版、そしてトリオ音楽グループロス・トレス・カバジェロス(Los Tres Caballeros; 三人の騎士)による曲がある。

概要[編集]

カントラルは1956年ワシントンDCポトマック川の岸辺で、アメリカ合衆国の音楽グループロス・トレス・カバジェロスのツアーの終わりにこの歌を作曲した。ツアー中、彼は翌朝ニューヨークに戻るべきだったショーに参加していた少女と、関係を作った。この愛のエピソード、最後の会合の休憩室にあった時計の存在はカントラルにインスピレーションを与えた。この些細な出来事は深い愛の曲を製作するに充分であった[1] [2]

ロス・トレス・カバジェロスは、1957年にこの曲を初演し、すぐに成功を収めた。それ以来、この曲は様々な言語によって翻訳された[3]

また、重病を患っていたカントラルの妻を診察した医者が、不運の知らせをカントラルに告げたある夜にこの曲が完成されたという都市伝説も存在する[4]

カヴァー[編集]

スペイン語歌詞
日本語歌詞

日本語詞:かもまさる

日本語詞:なかにし礼

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Berlanga, Ángel (18 de agosto de 2010). “La muerte del autor” (español). Página 12. 2019年9月16日閲覧。
  2. ^ Brown, Ricardo (23 de octubre de 2009). “Perdonen mi cursilería” (español). Ricardo Brown.blogia.com. 2019年9月16日閲覧。
  3. ^ Adrián, Vogel. “Un siglo de canciones 80: "El reloj"” (español). El Mundano. 2019年9月16日閲覧。
  4. ^ Fabricio, Cifuentes. “La historia del bolero "El reloj" de Roberto Cantoral” (español). Mañanísima. 2019年9月16日閲覧。

外部リンク[編集]