時計歩度測定器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

時計歩度測定機(とけいほどそくていき)は腕時計懐中時計の精度を測定する機器。

概要[編集]

業界では時計検定機と称され、時計の1日の誤差を数秒で測定し、正しく調整することができた。主に腕時計、懐中時計の測定が目的で、使用状態の姿勢による誤差を特に最小にするのに便利であった。

戦後アメリカより、ウオッチマスター時計検定機(昔の回転ドラム式ファックスのような構造)を、銀座の金山商会が輸入し、今まで一日掛かった調整を30秒で可能とし、来店客を驚かせた。然し当時サラリーマンの月給が、4,000円位、もり、かけそば、15円、都電10円の時代、80万円もしたので、一般の時計店で導入は困難であった。

そこで、最も簡単なメーター式が、日本時計検定機より、波形観測式の、オシロスコープの国産品が、社名不明のウオッチレーダー(神戸市設立)日本測器(目黒区設立)のウオッチチエッカー、日本時計検定機(目黒区設立、後の馬場製作所)のウオッチグラフの4万円位から、記録式は富士電子工業(世田谷区経堂設立)のタイムグラファー、馬場製作所(目黒区駒場設立)のスターグラフが、12万円位で発売され、一流店から順次普及し始めた。

1966年、時計修理技術者の国家検定制度が開始され、受験には時計検定機の持ち込みが必須となり、検定機メーカーには注文が殺到し、一気に普及した。

その後、時計も進化し、毎秒5振動が、10振動になり、さらに360振動の音叉時計になり、検定機も対応する為、モデルチェンジを重ねた。然し精度の高い、姿勢誤差もない水晶時計、さらに誤差の無い電波時計の出現で、歩度調整が全く不要になり、現在は精度の低い機械時計専用となり、検定機メーカーもスイスのみとなり、国産は廃業となった。

構造[編集]

周囲の音を遮断し時計の振動だけをキャッチする特殊マイクと、精度の高い標準水晶発振子を内蔵(初期は標準時計内蔵)し、 これと比較した誤差を表示する表示器又はプリンターからなる。

時計の天府の振り石の音、アンクルの爪石の音を特殊マイクでキャッチしてこれを増幅し、プリンターの印刷棒を同期して打たせる。一方、標準水晶発振子の高い周波数を分周、逓減させ同期モーターを回転させ、このシャフトに取り付けたスパイラル突起付きローターと印刷棒の間に記録紙を走らせ、連続した打点の変化、角度より誤差を知ることができる。

打点の変化パターンで、歯車の偏芯・天府の振り角・トルク変化等、いわば時計のレントゲンのような役目がある。

効果[編集]

時計データーとして、文字板上、12時上、竜頭下の記録紙をつけるのが、一般的である。

外部リンク[編集]