時計だらけの男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
時計だらけの男
著者 コナン・ドイル
発表年 1898年
出典 ストランド・マガジン
発生年 1892年
事件 列車からの乗客失踪と車内での男性殺害
テンプレートを表示

時計だらけの男』(とけいだらけのおとこ、原題:The Man with the Watches)は、アーサー・コナン・ドイルが、ストランド・マガジン1898年7月号に掲載した短編小説。『時計を持った男』との訳題も用いられる。ホームズの登場は明言されないものの、『消えた臨時列車』と共に、シャーロック・ホームズシリーズの外典とされる作品である。

あらすじ[編集]

時計だらけの男の位置(イングランド内)
ラグビー駅
ラグビー駅
マンチェスター
マンチェスター
ロンドン
ロンドン
作中登場する都市

1892年3月18日、ユーストン駅マンチェスター行列車の発車直前に、男女2人組が現れる。2人は一等車を希望するが、最初に見つけた客室には葉巻くゆらす男性がおり、2人は喫煙室を嫌って別の客室に移る。

ラグビー駅に列車が到着したところで、駅員が一等車のドアが1つ空いていることに気付く。駅員が踏み込むと、喫煙室からは葉巻の男性が消えていた。また男女2人組の客室では、2人が消えていただけでなく、6つの時計を持った男が、心臓を撃ち抜かれて殺されていた。6つの時計はいずれも米国製だったことから、死亡した男性はアメリカ人だと推測される。

パーマー車掌の証言から、列車が線路の修理のため、時速8〜10マイル[注 1]に速度を落とした区間があることが分かる。その区間の近くですり切れた聖書が見つかったほか、駅員の1人が、途中の停車駅で、誰にも気付かれずに別の客室に移ることも可能だったと証言する。

時計だらけの男の位置(セントラル・ロンドン内)
ノーサンバランド通り
ノーサンバランド通り
ユーストン駅
ユーストン駅
作中登場するロンドンの地名
  • ノーサンバランド通り:マッコイたちがカードで稼いでいた場所
  • ユーストン駅:物語の始まり

この事件に対して、デイリー・ガゼット英語版紙に高名な犯罪研究家が意見を寄せるが、実現不可能だったと判明する。

5年経ったある日、自説を寄せた高名な犯罪研究家宛に、ニューヨークから真相を明かす書簡が出される。書き手はジェームズと名乗り、自分が喫煙席の男だったこと、2人組が女装した彼の弟エドワードと、いかさま賭博師のスパロー・マッコイだったと明かす。父の死後堕落したエドワードは、カードでいかさま賭博を行うスパロー・マッコイと付き合うようになった。ある日エドワードが偽小切手を切ったことをきっかけに、ジェームズは彼を堅気に戻そうとし、知り合いの時計輸出商・ウィルスン老人に頼み込み、ロンドンの代理店をエドワードに任せることにする。ジェームズは、エドワードがロンドンに向かってすぐに、マッコイも英国へ向かい、再びいかさまカード賭博で稼いでいることを知る。エドワードの下宿の女将から、賭博がばれた2人の逃亡を知ったジェームズは、2人を追って列車に乗り込む。ジェームズはユーストン駅で、逃亡のため女装したエドワードとマッコイの2人連れにばったり遭遇するが、2人は彼に気付き別の客室へ移る。途中の停車駅で2人の客室へ移ったジェームズは、悪事をばらすと息巻くが、マッコイが彼に向けてとっさに撃った銃弾が、エドワードを殺してしまう。マッコイは列車の徐行した隙に飛び降り、ジェームズもそれを追う。落ち着いたジェームズはマッコイと話し合い[注 2]、2人の悪事を隠すことを決める。書簡の結びには、発見された聖書は家族の記録でもあるので返してほしいとして、ニューヨークの図書館の住所が付記されていた。

登場人物[編集]

ジョン・パーマー
ユーストン駅マンチェスター行列車の車掌
発車直前に駅へと現れる男性
背が高く、50〜60代だが年の割に若々しい男性。丈の長いコートを着込んでいる。娘にも見える女性を連れている。マンチェスター行列車の一等車に乗るため、発車直前に駅へと現れる。正体は後述のスパロー・マッコイ。
発車直前に駅へと現れる女性
背が高くすらりとしていて、顔にヴェールを着けている。同伴の男性と父娘に見える。マンチェスター行列車の一等車に乗るため、発車直前に駅へと現れる。正体は後述のエドワード。
一等車の喫煙席にいる男
小柄でよく日焼けしており、一等車の喫煙席で葉巻を吸っている。年は見たところ34〜35歳。正体は後述のジェームズ。
時計だらけの男
男女2人連れのいた客室で、心臓を撃ち抜かれて殺されているところを見つけられる。ポケットから高価な時計が6つも見つかる。遺留品からアメリカ人だったことが推測される。正体は後述のエドワード。
ヴェイン警部
スコットランドヤードの警部。この事件の捜査にあたる。
ヘンダースン
鉄道会社の公安官で、この事件の調査にあたる。
高名な犯罪研究家
デイリー・ガゼット英語版紙に、この事件について言説を載せる。
ジェームズ
エドワードの兄。ニューヨーク州ロチェスター出身。英国バッキンガムシャー出身の父が死んだ後、弟エドワードの面倒を見る。
エドワード
ジェームズの10歳年下の弟。父の死後自分の才覚を悪用して詐欺師になり、マッコイと親交を結ぶ。女装も得意だった。
スパロー・マッコイ
エドワードと親交を結ぶ。実際にはいかさま賭博師、偽札使いなどの元締め。
ジョー・ウィルスン
ジェームズと長い付き合いのある時計輸出商の老人。マッコイと縁を切り、堅気になったエドワードにロンドンの代理店を任せる。

背景・位置づけ[編集]

この作品は、ストランド・マガジン1898年7月号に掲載された。当時ドイルが同誌に連載していた『炉辺物語』の1つで[1]1908年に発行された同名の短編集(: "Round the Fire Stories")に収録された[2]。挿絵はフランク・クレイグ(: Frank Craig)が担当している[2]

ホームズが1893年に『最後の事件』で「葬られて」から5年後に発表された。また、正式なホームズシリーズ作品の続編『バスカヴィル家の犬』(1901年発表)に先行して発表されている。

ホームズの登場は明言されないが、デイリー・ガゼット英語版紙に、「この事件には大胆な仮説が必要だ」とする高名な犯罪研究家の言説が掲載されたとされ、このことからホームズシリーズの外典として扱われている。しかしこの事件の発生は1892年とされ、『最後の事件』後の大空白時代中の事件であるため、この犯罪研究家をホームズと同一視するには無理がある(ライヘンバッハの滝でのモリアーティ教授との対決は、1891年に設定されている)。

またマッコイはいかさまカード賭博師とされているが、ホームズが復活した『空き家の冒険』には、いかさまカードが露呈した犯人が、それを見抜いた相手を殺す筋書きが含まれている。

書誌情報[編集]

原文
訳本

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ここでいうマイルとはイギリスの法定マイル(1760ヤード)であり、1ヤードはおよそ0.9144mであるため、1マイルはおよそ1609mにあたる。このことから、時速は約13〜16kmに相当する。
  2. ^ 飛び降りた際にジェームズは頭を打ち、マッコイは足を捻る。マッコイは、「1日に兄弟2人を殺したくない」としてジェームズを介抱し、ジェームズもエドワードの悪事を明かさずにマッコイを罰せないことから、アメリカの母の心労を考え、真相を闇に葬ることを決める。

出典[編集]

参考文献[編集]