時津町立時津北小学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
時津町立時津北小学校
過去の名称 簡易日並小学校
時津尋常高等小学校日並分教場
時津村国民学校日並分教場
時津村立時津小学校日並分校
時津町立時津小学校日並分校
国公私立の別 公立学校
設置者 時津町
設立年月日 1874年(明治7年)5月
創立者 山口洋三郎
共学・別学 男女共学
学期 3学期制
所在地 851-2108
長崎県西彼杵郡時津町日並郷2192番地
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/小学校テンプレート
テンプレートを表示

時津町立時津北小学校(とぎつちょうりつ とぎつきたしょうがっこう, Togitsu Town Togitsu Kita Elementary School)は長崎県西彼杵郡時津町日並郷にある公立小学校。略称「北小」(きたしょう)。

概要[編集]

歴史
1874年明治7年)に開校した「簡易日並小学校」を前身とする。時津町立時津小学校の分校を経て、1960年昭和35年)に独立し、現校名となった。2009年平成21年)に創立135周年を迎えた。2018年平成30年)現在、日並地区における埋立て及び区画整理により一戸建住宅が増加。伴い児童数316人に増加。同年、屋内運動場(体育館)の老朽化に伴い、敷地内に新たに建設を開始。
教育目標
「思いやり しっかり考え きたえる子」
校歌
3番まであり、各番に「北小」が登場する。
校区
住所表記で時津町の後に日並郷、子々川郷が続く地域[1]。中学校区は時津町立鳴北中学校

沿革[編集]

前史
  • 1872年(明治5年)
    • 時津村・西時津村・日並村が合併し、時津村となる。
    • 時津村日並郷字道木の庄屋跡を校舎に山口洋三郎を招き、授業を開始。
    • 学制が公布される。
正史
  • 1874年(明治7年)5月 - 「簡易日並小学校」が開校。校長は田中治兵衛。
  • 1893年(明治26年)7月 - 「時津尋常高等小学校日並分教場」となる。
  • 1900年(明治33年)7月 - 日並郷中曽根(現在地)に移転。
  • 1941年(昭和16年)4月1日 - 国民学校令により、「時津村国民学校日並分教場」に改称。
  • 1947年(昭和22年)4月1日 - 学制改革(六・三制の実施)により、「時津村立時津小学校日並分校」となる。
  • 1951年(昭和26年)12月1日 - 町制施行で時津町が発足したことにより、「時津町立時津小学校日並分校」に改称。
  • 1959年(昭和34年)4月 - 村松村子々川郷が時津町に編入[2]されたことにより、児童数増加で6学級となる。
  • 1960年(昭和35年)4月1日 - 時津町立時津小学校より分離し、「時津町立時津北小学校」(現校名)として独立。
  • 1973年(昭和48年)3月 - 体育館が完成。
  • 1974年(昭和49年)6月 - 鉄筋コンクリート造2階建て新校舎が完成。
  • 1979年(昭和54年)- 鉄筋コンクリート造3階建て校舎を増築。
  • 2017年(平成29年)4月 - 学校運営協議会を設置。町指定コミュニティ・スクールとなる。

アクセス[編集]

最寄りのバス停
最寄りの国道・県道

周辺[編集]

  • ナフコ時津店
  • ハイパーセンターオサダ時津店

脚注[編集]

  1. ^ 公立小・中学校 校区一覧 - 時津町ウェブサイト
  2. ^ 編入された日は1月15日
[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]