時格

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

時格(じかく、: temporal case)は、言語学の用語で時間を表すハンガリー語には独立の格として存在し、hét órakor(七時に)、éjfélkor(夜中に)のように -kor をつけると時を表す。

フィンランド語ではいくつかの代名詞でのみ使用され、語尾に -lloin/-llöin をつけて表す[1]

ロシア語の場合、具格(造格)が時間を示す際にも用いられることがある[2]

英語ではin(年・月など)、on(日)、at(時刻)などの前置詞で表す。日本語では助詞「に」、または何もつけずに表す。

脚注[編集]

  1. ^ Panu Mäkinen (2008年1月8日). “Finnish Grammar - Adverbial cases” (英語). ユヴァスキュラ大学. 2021年10月27日閲覧。
  2. ^ 井上 幸義「ロシア語の造格の不変的意味について」『ロシア語ロシア文学研究』第47巻、2015年、 187-189頁、 doi:10.32278/yaar.47.0_181