時と永遠 〜トキトワ〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
時と永遠〜トキトワ〜
ジャンル アニメーションRPG
対応機種 プレイステーション3
開発元 イメージエポック
パオン
発売元 バンダイナムコゲームス
プロデューサー 広野啓
シナリオ 加藤陽一
桝田省治(シナリオ原案)
音楽 古代祐三
美術 VOFAN(キャラクター原案)
人数 1人
メディア Blu-ray Disc
発売日 2012年10月11日
対象年齢 CEROC(15才以上対象)
売上本数 42,722本[1]
テンプレートを表示

時と永遠〜トキトワ〜』は、イメージエポックが開発し、2012年10月11日にバンダイナムコゲームス(当時、のちバンダイナムコエンターテインメント)から発売されたプレイステーション3用のロールプレイングゲームである。

概要[編集]

イメージエポックがバンダイナムコゲームス]と初めて組んで制作したオリジナルRPG。キャラクター原案にはイラストレーターのVOFANが起用されている。

大きな特徴として、ゲーム中のキャラクター描画が全て手描きアニメーションで行なわれている点がある[2]。イメージエポックの代表取締役である御影良衛の「ドットをPS3の画質でアニメにすれば、理論上テレビアニメと同じ動きをする」という発想から本作は生まれた[2]。プロジェクトは2012年11月公開のインタビューで、3年ぐらい前と語られている[2]

アニメーションはサテライトが担当。これはプロデューサーの広野啓が「マクロス」のゲームも担当しており、サテライトとの関わりがあったためである[2]。最終的な作画枚数は2万枚ほどとなった[2]

ストーリー展開は、自分たちへ確実に迫る悲劇を回避するといった、重い使命を感じさせない明るいギャグテイストで常時進行し、キャラクターの名前も職業や性格からとられたコミカルなものが多い(例:ウェディ=ウェディングプランナーなど)。一方で、物語終盤では「二人」のヒロインのうち、どちらと添い遂げるかの選択を迫られるシーンがあり、数少ないシリアス場面が主人公の苦悩を強調させるのに一役買っている。

システム[編集]

戦闘ではアクション性のある操作に応じて、滑らかな手描きアニメーションで進行する。戦闘に参加するのはトキ・トワのうち片方の人格一人のみで、それにドレイク(主人公)が特定の操作時にサポートするという形になっている。武器や魔法は両方の人格にそれぞれ得意・不得意がある。トキとトワの人格入れ替えは特定のイベントを除き、戦闘終了後のレベルアップでのみ行われる。そのため任意の人格でイベントを見るためには、戦闘をすることによって調整する必要がある。なお、ボス戦などで大量に経験値が入り、レベルが2つ以上一度に上がった場合でも、入れ替えは片方一回のみ行われる。

登場人物[編集]

主人公とメインヒロイン[編集]

主人公(デフォルト名:ザック)
声:代永翼
カムザ王国の騎士。18歳。トキとの結婚式で襲撃を受け、瀕死の重傷を負ってしまう。
トワの存在も快く受け入れる優しい性格。
若くして騎士になった実力の持ち主だが、襲撃での重傷のため、人間の姿での戦闘はできず、ドレイクとしてトキ・トワをサポートするに留まる。
なかなかスケベな部分もあり、トキ・トワの入浴を覗こうと悪戦苦闘する。
トキ / トワ
16歳のカムザ王国の王女で本作のプレイヤーキャラクター。主人公を救うべく時間を遡る旅に出る。
幼少期の出来事をきっかけに、「デュアルソウル」と呼ばれる一つの体に「トキ」と「トワ」の二つの魂(人格)を持つ存在となった。
二つの人格は性格がかなり違うが、お互いの仲は良好で、主人公に対しても両者同じく好意的である。
  • トキ(髪の色:赤)
声:花澤香菜
結婚式の襲撃が起こるまでは表に出ていることが多かったため、物語スタート時点でのメイン人格というべき存在。
王女らしく柔らかい物腰で接し、おしとやかな性格。一方で幽霊を怖がらないなどの一面もある。
愛用の武器は銃で、遠距離戦を得意とする。
  • トワ(髪の色:金)
声:喜多村英梨
トキと身体を共有するもう一つの人格。結婚式の襲撃により表に出て、主人公に存在が知られることとなった。
勝気で活発な性格をしている。一方でトキが怖がらない幽霊に恐怖したり、主人公とのやり取りで極端に恥ずかしがったりと、女の子らしい一面ものぞかせる。
愛用の武器はナイフで、接近戦を得意とする。

サブキャラクター[編集]

レージョ
声:ゆかな
トキの友人で大金持ちのお嬢様。16歳。過去にトワに出会っており、トキとトワがデュアルソウルである事を知る数少ない人物。とある理由で大金持ちになった。
ウェディ
声:能登麻美子
トキの友人でウェディングプランナーを務める。性格は心配性。物語後半で繰り返される襲撃に活路を見出すきっかけを作る。
エンダ
声:悠木碧
トキの友人でトキの学校での後輩にあたる。性格は天真爛漫。
マキモナ
声:遠藤綾
トキに対し、「結婚式は襲撃される」と予言した占い師だが、その占いはヤマ勘であった事がレージョの口から判明する。独身。「だっつーの」が口癖。
ドレイク
声:代永翼
トキから片時も離れないペットのドラゴン。トキとトワが過去へ遡った際、主人公の魂が融合してしまい、ドレイク=主人公となってしまう。
ビコード
声:杉田智和
アサシンギルドと思しきメンバーのリーダー。
ダケーニとミガーチという部下を連れており主人公の結婚式の襲撃犯と思われたが、その実態はアサシンギルドにあこがれる「アサシンギルド同好会」の会長で、結婚式の襲撃に一切関与していなかった事が判明する。
トキとトワに一目惚れをして猛烈にアタックするが、トキとトワからは拒否され、ドレイクとなった主人公に頭を噛みつかれる。
本職はケーキ職人だが、味は食べたレージョに死んだ母親の声が聞こえてしまうくらいにひどい。
メビウス
声:植田佳奈
関西弁を話す謎の少女。トキとトワが過去に遡って結婚式の襲撃の原因を取り除いても、別の者に襲撃されて主人公が殺される因果を作り出した元凶。

主題歌[編集]

主題歌「Rewind」
歌:May J.

漫画[編集]

相羽紀行によって『ジャンプSQ.19』Vol.2からVol.4まで全3話連載された。

アプリ[編集]

NECビッグローブスマートフォン向けアプリのカードコレクションゲーム『嫁コレ』に参加している。撮り下ろしボイスが用意されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『ファミ通ゲーム白書2013 補完データ編(分冊版)』 エンターブレイン2013年2016年7月2日閲覧。
  2. ^ a b c d e “HDアニメーションRPG”という新ジャンルに挑戦したPS3「時と永遠~トキトワ~」を手がけた広野啓氏と御影良衛氏にインタビュー”. Gamer (2012年11月8日). 2013年1月3日閲覧。

外部リンク[編集]